野球

冨田冬馬(桐光学園)ドラフト候補の球速や身長体重や中学は?松井裕樹2世!

桐光学園のドラフト候補・冨田冬馬投手。
高校の先輩でもある“松井裕樹(楽天)2世”と呼ばれるサウスポーです。
1年生から、同級生の右の本格派・谷村然投手とともに左右のダブルエースとして活躍しています。

プロフィール


名前:冨田 冬馬(とみた とうま)
生年月日:2001年12月4日
出身:神奈川県
身長:171cm
体重:72kg
投打:左投げ左打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:横浜市立橘中学校→桐光学園高校

中学時代

『横浜緑ボーイズ』でプレーしていました。
中学3年生の時には最速135km/hを記録し、全国大会やジャイアンツカップにも出場しています。

高校時代(桐光学園)

中学卒業後は、桐光学園に進学。
冨田投手はかなり早い時期から桐光学園への進学を決めていました。
小学4年生の時に横浜スタジアムで、1年生ながら横浜高校相手に躍動する松井裕樹投手を見て、衝撃を受け、
「もう桐光に入るしかない!」
と思ったそうです。

高校では1年春からベンチ入り。
1年春の神奈川県大会・準々決勝の弥栄高校との試合で、先発として公式戦デビューしています。
1年夏の神奈川県大会では6試合中4試合にリリーフとして登板し、ベスト4入りに貢献しました。

2年秋の神奈川県大会では、エースナンバーの背番号1を付け、神奈川3位に入っています。
しかし安定感に欠け、続く関東大会では背番号1を同級生の谷村然投手に譲りました。

2年夏の北神奈川大会では、松井裕樹投手(現・楽天)を擁した2012年以来の甲子園出場を目指して、決勝まで勝ち進みます。
決勝の慶応高校戦では2番手で登板し、3回1/3を2安打2四死球3奪三振1失点と抑えましたが、試合は5対7で敗れてしまいました。

チームメイト

高校の同期のチームメイトには、同じくプロ注目の谷村然投手がいます。

谷村然(桐光学園)ドラフト候補の出身中学や身長体重は?球速球種も!桐光学園のドラフト候補・谷村然投手。 中学時代に日本一を経験している右の本格派ピッチャーです。 高校では1年生から同級生のサウスポー...

プレースタイル

松井裕樹投手そっくりのフォームから、最速138km/hのストレートを投げるサウスポーです。

変化球は、スライダー、カーブ、チェンジアップなど。
特に鋭い切れ味を持つスライダーが一番の武器です。
さらに、2年生春からチェンジアップを投げ始め、投球の幅が広げてきています。

高校生左腕にしては珍しく、コントロールがいいピッッチャーで、コントロールの良さではすでに松井投手を超えていると言われています。

まとめ

1年生の秋には背番号1を背負っていた冨田投手ですが、その後はやや伸び悩み、控え投手に甘んじています。
高校最後の夏は再び、エースナンバーを取り戻して、甲子園に出場してほしいですね。

 

■関連記事
2019年ドラフト候補一覧→高校(投手野手)大学社会人(投手野手)