野球

宮本涼太(大阪桐蔭)ドラフト候補の出身中学や身長体重は?ポジションも!

今年の大阪桐蔭高校の副主将を務める宮本涼太選手
日本一を達成した2018年の夏の甲子園では、現キャプテンの中野波来選手とともに2年生ながらベンチ入りしています。

枚方ボーイズの先輩・藤原恭大選手(現・ロッテ)に憧れ、大阪桐蔭に進んだ宮本選手は、今年の大阪桐蔭の3年生野手の中では最もプロに近い選手です!

プロフィール


名前:宮本 涼太(みやもと りょうた)
出身:大阪府
身長:175cm
体重:75kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:内野手兼外野手
経歴:寝屋川市立第一中学校→大阪桐蔭高校

枚方ボーイズ

小、中学生ともに枚方市の硬式野球チーム『オール枚方ボーイズ』でプレーしました。
オール枚方ボーイズとは、鍛治舎巧さん(現・県立岐阜商業監督)が監督をしていたボーイズリーグの強豪チームです。

宮本選手の1年上には藤原恭大選手、小園海斗選手(現・広島)らがいて、全国大会に何度も出場し、1年次のボーイズ選手権大会、2年生次のボーイズ春季全国大会では日本一も経験しています。

高校時代(大阪桐蔭)

中学卒業後は、藤原選手を慕い大阪桐蔭へ進学
本来は内野手ですが、高校では外野にも挑戦します。

1年冬には大阪選抜の一員として台湾遠征に参加。
1番打者として全4試合にフル出場し、4割を超える打率を記録しました。

2年春のセンバツから控え選手としてベンチ入り。
代打で2打数1安打1打点を記録し、優勝に貢献しました。

2年夏の甲子園大会でも、2年生で中野波来選手とともにベンチ入り。
出場機会はありませんでしたが、春夏連覇を経験しました。

2年秋の新チームからは副主将に就任。
主に2番打者として活躍し、秋の大阪府大会準優勝、近畿大会ベスト8という成績を残しています。

チームメイト

高校の同期のチームメイトには中野波来選手、中田惟斗投手らがいます。

中野波来(大阪桐蔭)読み方ははる!中学や父母は?明石ボーイズ出身!史上初の2度目の春夏連覇を果たした大阪桐蔭。 喜びもつかの間、早くも新チームとして動き出しています。 新生・大阪桐蔭をキャプテン...
中田惟斗(大阪桐蔭)ドラフト候補の小学中学や身長体重は?球速や球種も!2年秋の大阪府大会で、エースナンバーの背番号1を付けてプレーしていた中田惟斗投手。 その後、3年春の大阪府大会では背番号10に降格して...

プレースタイル

長打力に加えて、足も速い内野手兼外野手です。
2年秋の新チームからは主にセカンド、センターを守っています。

目標とする選手は藤原恭大選手
「目標にする選手の1人」
「同じ左打者として、フォームで盗める部分がないか常に観察している」
「藤原さんはフルスイングが持ち味。手本にしています」
とあるごとに、藤原選手へのリスペクトを口にしています。

また、チーム一のきれい好きで、野球の道具も常にピカピカ。
「そうでないと落ち着かない」
そうです。

まとめ

宮本選手は
「先輩たちのような実力はないから、危機感を持って戦う。相手の嫌がる野球で勝ち上がって、全員で甲子園に優勝旗を返しにいきたい」
と意気込んでいます。

春のセンバツ出場は逃した大阪桐蔭ですが、宮本選手が主将の中野選手ともにチームを引っ張って、夏には甲子園に帰って来てほしいですね。

関連記事

https://sports-brothers.com/8561.html

2019年ドラフト候補一覧→高校(投手野手)大学社会人(投手野手)