生田目翼の現在進路は日本通運!球速は?順位縛りで指名漏れを経験!

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

最速155km/hの剛速球を投げる生田目翼投手。

大学時代から、ピッチングだけでなく、発言でも注目を集めてきたピッチャーです。
2016年のドラフトでは、まさかの指名漏れに終わり、社会人の日本通運に進みました。

社会人1年目は、どのような調子なのでしょうか?
また、2018年のドラフトでは指名があるのでしょうか?

そのあたりが気になったので、生田目投手について調べてみました。

 

生田目 翼(なばため つばさ)
生年月日:1995年2月19日
出身:茨城常陸大宮市
身長:176cm
体重:84kg
投打:右投げ右打ち
経歴:村田小学校→大宮第二中学校→水戸工業→流通経済大学→日本通運

 

生田目投手は小学校3年生から、兄が野球をやっていた影響で「日立大宮リトル」で始めました。
中学時代は軟式野球部に所属。

子供の頃からピッチングよりバッテイングの方が好きだった生田目選手。
中学時代には、ピッチャー以外にもキャッチャーやショートを兼任し、打順は3番を打っていました。

中学卒業後は、水戸工業へ進学します。
高校2年の夏は4番・ショートとしてプレーしています。
2年生の秋からは4番でエースとしてチームを牽引。
2年秋、3年夏に茨城県大会ベスト8に進みました。

高校の頃から最速145km/hを記録するなど、投手として注目されていましたが、本人にプロへ進む気はなく、ピッチャーへのこだわりもありませんでした。

大学進学にあたっては、複数の大学からスカウトが来ましたが、その中で唯一、
「投手だけでなく打者もやってみないか」
と言ってくれた地元の流通経済大学に進学します。

しかし、大学野球部の練習に参加して、すぐ打者としては全く通用しないと悟り、投手に専念。
1年春からリーグ戦に出場すると、2年生からはエースとしてチームを引っ張ります。
3年の春のリーグ戦では、155km/hのストレートを武器に、6勝を挙げ、チームを15シーズンぶりの優勝へと導きました。

個人としてもMVP最優秀投手のタイトルを獲得しています。

生田目投手を一躍有名にしたのは、リーグ優勝して出場した3年春の全日本大学選手権です。
全試合に先発し、流通経済大学としては29年ぶりと言う準優勝に貢献しました。

スポンサードリンク

○公務員志望
生田目投手がピッチング以上に衝撃を与えたのは、全日本大学選手権の初戦の城西国際大学戦の後のインタビューです。
「(大学卒業後は)地元に戻って公務員になり、のんびり暮らしたい。プロは考えたこともない。野球はみっちりやってきたし、大学までだと思っている。野球をやるのは好きなので草野球は続けるでしょうけどね」

私も当時このコメントを聞いたときには本当にびっくりしました。
155km/h投げるピッチャーなんて、プロにも数えるほどしかいませんし、公務員だからって、のんびり暮らせるとは限りませんし……。
もったいなさすぎますよね。

生田目投手も自分が思っていた以上に周りの反響が大きかったみたいで、その後、将来の進路をプロ志望に変えています。

その後、3年秋のリーグ戦途中に右肩を痛め、4年春には登板なしに終わり、4年秋のドラフト直前になってようやく復帰を果たしました。

 

○指名漏れ
生田目投手は大学4年の時にプロ志望届を提出しますが、結果はまさかの指名漏れ
これには理由があり、
「ドラフト2位までに指名されなければ、プロにはいかない」
という条件を事前に出していたからです。

このような順位縛りはまれにあります。
やはり、ドラフト上位でプロに入るのと、下位でプロに入るのでは、契約金を始め、入団してからの待遇も違います。
そうなれば、プロでの成功する確率も変わってきます。
ですから、責められることではないと思います。

大学卒業後、生田目翼投手は日本通運に入社します。
1年目の今年は、抑えとしてチームに貢献。
本人は先発でやっていきたいという願望もあるようですので、来年以降はどのような役割を任せられるかはわかりませんが、強気な生田目投手には、抑えは合っているようにも見えます。

2018年は生田目翼投手にとって、再びドラフトの年を迎えます。
果たして、今度は「2位までに指名されなければ、社会人チームに残留」のような順位縛りをするのでしょうか?

生田目投手の人生がかかった大事なことなので、順位縛りをしてもかまわないと思いますが、たとえ順位縛りしても、指名されるぐらいの実力と実績をたずさえて、ドラフトを迎えてほしいですね。

 

■関連記事
●2018年ドラフト候補一覧→高校生大学・社会人

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ