松本航(日体大)ドラフト候補の出身中学高校は?球速や球種も!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

日本体育大学の13年ぶりの明治神宮大会出場に貢献したエースの松本航投手。
150km/hのストレートに、カットボールスプリットカーブツーシームなどを使ってバッターを打ち取っていきます。

3年生ですでに大学日本代表にも選ばれていて、来年のドラフト上位候補にも名前が挙がる好投手です。
大学のチームメイトには、同じく来年のドラフト候補の東妻勇輔投手がいます。
東妻投手についてはこちら→東妻勇輔(日体大)の読み方は?

 

松本 航(まつもと わたる)
生年月日:1996年11月28日
出身:兵庫県朝来市
身長:176cm
体重:83kg
投打:右投げ右打ち
経歴:梁瀬小学校→梁瀬中学校→明石商業→日本体育大学

 

松本投手は、小学2年生から「梁瀬少年野球クラブ」で、内野手として野球を始めました。
その後、小学5年生からピッチャー。
中学時代は軟式野球部に所属し、中3年秋に県選抜チームでKボール全国優勝を経験しています。

高校は、公立の明石商業に進学。
1年時から控え投手としてベンチ入り。
2年春の兵庫県大会では3位進出に貢献しています。
2年夏からエースとしてチームを引っ張り、2年夏、2年秋の兵庫県大会では、ベスト8に進出しました。

甲子園出場を賭けた最後の夏も、同じくベスト8で敗れています。
しかし松本投手は、4回戦では1試合20奪三振を記録し注目を集めました。

高校時代から最速147km/hを投げ、「近畿No.1右腕」と称され、プロのスカウトから注目される存在でした。
しかし志望届は提出せず、日体大への進学を選択しました。

スポンサードリンク

大学では1年春からリーグ戦に登板。
1年秋からは、先発の柱としてチームを引っ張っています。
2年春には6勝を上げて最高殊勲選手最優秀投手賞に輝いています。
3年生になると、大学日本代表にも選出され、ユニバーシアード優勝にも貢献しました。

 

○元中日の辻孟彦コーチ
大学進学後、高校時代よりさらに成長し、球速は150km/hを記録するまでになっています。
その成長の影には日体大の辻孟彦(元中日)コーチの存在があります。

「目の前の試合に勝つことも大事だけど、この先に上の舞台で活躍することを考え、変化球でかわすより、直球を磨き続けろ」
とプロを見据えた指導により、
「自分の芯ができた」
と松本投手は言います。

また、
「自分で考えて野球をしろ」
と口を酸っぱくして言われ、配球や打たれた原因を常に考えるようになりました。

指導は技術面だけではなく、食事面から投球術まで幅広く行われ、
「球速だけでなく回転数も多くなり、質のいい真っすぐを投げられるようになった」
と言います。

 

松本航投手は、3年秋までにリーグ20勝を上げ、大学野球を代表する投手になっています。
ドラフトまで残り1年。
更なる成長をとげ、1年目から活躍できるようなピッチャーとなって、プロ入りしてほしいです。

 

■関連記事
●2018年ドラフト候補一覧→高校生大学・社会人

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ