大学野球

安本竜二(法政大)ドラフト候補の中学高校や身長体重は?パンチ力が魅力!

法政大学のドラフト候補・安本竜二選手。
パンチ力が自慢の内野手です。
4年春には、リーグタイとなる5試合連続ホームランを記録しました。

高校時代から甲子園に3度も出場し、将来を嘱望されていた安本選手ですが、大学4年生になって、ようやく本領を発揮し始めています!

プロフィール


名前:安本 竜二(やすもと りゅうじ)
生年月日:1997年5月28日
出身:静岡県静岡市
身長:180cm
体重:85kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:三塁手兼遊撃手
好きなプロ野球選手:柳田悠岐(ソフトバンク)
経歴:静岡市立田町小学校→静岡市立安倍川中学校→静岡高校→法政大学

小中学生時代

小学2年生から軟式野球を始めました。

中学時代は軟式野球部に所属。
中学2年生の時にはサード県大会準優勝を経験しました。

高校時代(静岡)

中学卒業後は、地元の名門・静岡高校に進学。
入学当初は
「入ってみるとレベルの高い選手ばかり。同期も硬式チーム出身者が多く、軟式だった僕と違って硬式の扱いにも慣れていて、差を感じました」
と、戸惑ったようです。
それでも、ひたむきな努力が実り、1年秋にはライトのレギュラーを獲得しました。
そして1年秋の静岡県大会終了後に、本職のショートにコンバートされています。

2年夏の静岡県大会では、打率.385、ホームラン0本、打点7の好成績で、3年ぶり23度目の優勝に貢献しています。
続く甲子園では、初戦の星稜高校と試合に5番・ショートでスタメン出場
チームは4対5で敗れたものの、安本選手は岩下大輝投手(現・ロッテ)から2本のヒットを放ちました。

2年秋の新チームからは主将に就任し、静岡県大会&東海大会で優勝!
特に東海大会では打率.538、ホームラン3本、打点7の大活躍でした。

3年春のセンバツではチームは50年ぶりのベスト8入りを果たします。
しかし安本選手は不調に苦しみ、打率.182、失策3と言う成績でした。

甲子園には3年夏にも出場。
初戦で東海大甲府と対戦しています。
この試合に5番・サードとして出場しましたが、8回に決勝点へ繋がる悪送球を犯し、7対8で惜しくも敗れてしまいました。

高校卒業後は 4年後のプロ入りを目指して法政大学に進学しています。

高校のチームメイト

高校時代の同期のチームメイトには、堀内謙伍選手(現・楽天)らがいました。

大学時代(法大)

大学では2年春からリーグ戦に出場。
しかし、3年秋まででわずか11試合の出場で、ホームランも0本でした。

5試合連続ホームラン!

大学4年の春のリーグで、ようやくサードのレギュラーを獲得しています。

すると、第3週の慶應大学との第1戦から、5試合連続ホームランを放ちました。
これは長い東京六大学の歴史において、安本選手を含めてわずか2人しかいない大記録です!
しかも、ホームランを打った相手も慶應大学の高橋亮吾投手や、立教大学の田中誠也投手など、各チームの主力級から打っています。
かなり価値のある記録ですね。

大学のチームメイト

大学時代のチームメイトには、伊藤寛士選手、宇草孔基選手、舩曳海選手、朝山広憲投手らがいます。

伊藤寛士(法政大)弟は伊藤康祐!ドラフト候補の中学高校は?身長体重も!法政大学のドラフト候補・伊藤寛士選手。 4年春から4番に座っている強打者です。 中京大中京高校時代から、U-18日本代表に選出さ...
宇草孔基(法政大)ドラフト候補の出身中学高校は?俊足が魅力!法政大学のドラフト候補・宇草孔基選手。 足の速さが武器で、常総学院時代にはセンバツ最多タイの1試合で5盗塁を記録しています。 ま...
舩曳海(法政大)がイケメン!ドラフト評価や叔父/兄は?中学高校も!法政大学のドラフト候補・舩曳海選手。 天理高校時代から、高校日本代表として「第27回U18ワールドカップ」に出場するなど、注目されてい...

プレースタイル

ホームランが魅力内野手です。
ピッチャーが右でも左でも苦にせず、振り切るスイングから鋭い打球を放ちます。

ポジションは高校まではショートがメインでしたが、大学では主にサード(たまにファースト)を守っています。
守備力にはやや難があるようです。

遠投110mの強肩に加え、足も50m6秒2の俊足です。

まとめ

安本選手の将来の夢は“プロ野球選手”です。
大学4年春の活躍で、プロ入りもぐっと現実味を帯びてきました。

プロでもホームラン王を争うような選手になってほしいですね。

 

■関連記事
2019年ドラフト候補一覧→高校(投手野手)大学社会人(投手野手)