野球

前田聖矢(日大三)父は前田幸長!出身中学や身長体重は?守備位置は?

日大三高校のドラフト候補・前田聖矢選手。
鋭いスイングからヒットを量産する内野手兼外野手です。
チームでは主に1番バッターとして、チームをけん引しています。

父は元ロッテ、中日、巨人で活躍したサウスポー・前田幸長さん
高校3年の今年は、夏の甲子園で準優勝になった父親を越える成績を目指しています。

プロフィール


名前:前田 聖矢(まえだ せいや)
生年月日:2001年6月
身長:170cm
体重:73kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:二塁手・外野手
経歴:横浜市立中川西中学校→日大三高校

4人きょうだい(姉が二人、兄が一人)の末っ子として生まれました。
名前の「聖矢」“聖なる矢のように突き進む”との想いを込めて付けられています。

父親・前田幸長

父親の前田幸長さんの現役時代のポジションはピッチャーでした。
福岡第一高校の3年生の時には、夏の甲子園で準優勝を経験しています。

高校卒業後は、ロッテにドラフト1位で指名され、入団。
ロッテ、中日、巨人で活躍し、2007年に巨人を退団しました。

小中学生時代

小学2年生から野球を始めました。
お父さんはピッチャーでしたが、
「投げるほうはあんまり好きじゃなかったんです」
と、最初から野手一本でした。

中学時代『都築中央ボーイズ』でプレー。
都築中央ボーイズは、お父さんの幸長さんが2007年設立し、会長を務めている少年野球チームです。
幸長さん自身が打撃投手として、1日2000球を投げることもあるそうで、その熱血指導の成果で、設立3年目には日本一となっています。

前田選手は1番・セカンドとして活躍。
3年生の時には主将としてチームを引っ張りました。

高校時代(日大三高)

中学卒業後は、東京にある日大三高校に進学。
1年秋の東京都大会からベンチ入りしています。
3回戦の都立昭和戦以降はスタメンとして出場し、7年ぶり13回目の優勝に貢献しました。

翌春のセンバツでは、2回戦の三重高校戦で代打出場
しかし、三重の本拓真投手にショートフライに打ち取られ、チームも0対8で敗れています。

甲子園には2年生の夏にも出場
この時は準決勝の金足農業戦で代打として出場し、吉田輝星投手(現・日本ハム)から内野安打を放っています。

2年秋の新チームからセカンドのレギュラーを獲得。
打順も1番を任されています。

チームメイト

高校の同期のチームメイトには、井上広輝投手、廣澤優投手、平野将伍投手らがいます。

井上広輝(日大三)兄は井上大成!中学や球種は?2019ドラフト候補!20回目の選抜高校野球大会への出場を決めた日大三高。 ここに今大会、そして来年まで注目が集まるであろう投手がいます。 それが、新...
廣澤優(日大三)ドラフト候補の身長体重や球速球種は?出身中学も!日大三の身長189cmの大型ピッチャー・廣澤優投手。 2年生夏の甲子園初登板で、いきなり自己最速の148km/hをマークし、衝撃デビュ...

プレースタイル

身長170cmと小柄ですが、走攻守の3拍子そろった選手です。
本職はセカンドですが、外野も守れます。

50メートル走6秒5。
遠投95メートル。

まとめ

前田選手の目標は“メジャーリーガー”です。
お父さんの幸長さんは、巨人退団後の2008年に渡米し、3Aで36試合に登板しましたが、メジャー昇格はなりませんでした。

前田選手には父が果たせなかった甲子園優勝メジャーリーガーを目指して、“聖なる矢”のように突き進んでほしいですね

 

■関連記事
2019年ドラフト候補一覧→高校(投手野手)大学社会人(投手野手)