大橋修人(日本航空石川)ドラフト候補の球速や球種!出身中学も!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

秋季北信越地区大会で初優勝、神宮大会出場を決めた日本航空石川高校。
その中で、今年のドラフト候補として注目されているのが、大橋修人投手です。
2年夏の甲子園で145km/hを計測するなど、力ある直球を武器とする右腕です。

 

名前:大橋修人(おおはし しゅうと)
出身地:岐阜県羽島市
身長:176cm
体重:72kg
投打:右投げ右打ち
経歴:羽島市立羽島中学校→日本航空石川

 

中学時代は「岐阜中央ボーイズ」でプレー。

日本航空石川に進学すると、1年生からベンチ入りしています。
1年秋の北信越大会には背番号10として出場。
初戦・関根学園戦で1回1失点でした。

2年夏は背番号11の控え投手としてベンチ入り。
3回戦・金沢西戦に先発し、8回3安打6奪三振の好投で勝利。
チームも石川県大会に優勝し、8年ぶり2度目の甲子園出場を達成しました。

スポンサードリンク

 続く甲子園では、2回戦・花咲徳栄戦に8回からリリーフとして登板。

今大会、優勝することとなる花咲徳栄に対し、2回を投げて5安打3失点ながら自責点は0に抑える好投。
球速も145kg/hを計測し、注目を集めることなりました。

2年秋の新チームとなってからは、同じ2年で左腕の杉本壮志との2枚看板として、秋季石川県大会の準優勝に貢献。
続く北信越大会では、県大会で敗れた星稜高校を破っての初優勝を達成しています。

 

〇プレースタイル
ノーワインドアップから最速145km/hの直球を繰り出す、スリークォーターの右腕。
常時130km/h後半から143km/hを計測しており、その威力のある直球を中心に、強気のピッチングを見せます。

持ち球は120km/h台のスライダーに、同じく120km/h台のフォークが中心。その他チェンジアップも投げれる様子。
特にスライダーの切れ味がよいようです。
フィールディングにも優れていて、ただ投げるだけでなく、内野手としても優秀です。

 

大橋修人選手は、杉本投手と共に2枚看板として期待されているものの、まだ絶対的なエースとは言えません。

旧チームにはエース・佐渡裕次郎投手がいたこともあり、登板機会が少なく実績が乏しいですし、プロへ行くには全ての面でのレベルアップが必要となります。
しかしながら、甲子園で見せたピッチングには光るものがありました。
優勝校・花咲徳栄に対して投げた甲子園でのマウンド経験は、今後の成長に大きな影響を与えてくれるはずです。

日本航空石川は11月10日から始まる神宮大会はもちろん、春の選抜大会と、2度の全国大会出場が決まっています。
全国の強豪校相手へのピッチングは、大橋選手を更なる高みへと導いてくれるはずです。
今後の大橋選手の成長と活躍に期待すると共に、注目して見守っていきたいと思います。

 

■関連記事
●2018年ドラフト候補一覧→高校生大学・社会人

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 12月5日

アーカイブ