大学野球

豊田寛(国際武道大)ドラフト評価や出身中学高校は?身長体重も!

国際武道大学のドラフト候補・豊田寛選手。
逆方向にもホームランを打てる右の外野手です。

東海大相模高校時代には、同級生の小笠原慎之介投手(現・中日)、 吉田凌投手(現・オリックス)らと甲子園優勝を経験しています。
大学入学後でも、1年生から4番を打ち、活躍中です。

プロフィール


名前:豊田 寛(とよだ ひろし)
生年月日:1997年4月28日
出身:神奈川県横浜市
身長:178cm
体重:83kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:外野手
経歴:横浜市立川上北小学校→横浜市立名瀬中学校→東海大相模高校→国際武道大学

小中学生時代

小学生から『戸塚アイアンボンドス』軟式野球を始めました。
小学6年生の時にはセレクションを勝ち抜き、ベイスターズジュニア入りを果たしています。

中学時代『戸塚シニア』でプレーしていました。

高校時代(東海大相模)

中学卒業後は、強豪・東海大相模へと進学。
1年生からベンチ入りしています。

2年夏の神奈川県大会からライトのレギュラーを獲得。
打順も主に3番を任され、打率.481、ホームラン3本、打点14の好成績で優勝に貢献しました。
続く甲子園では、初戦(2回戦)で松本裕樹投手(現・ソフトバンク)のいた盛岡大附属高校と対戦し、豊田選手はツーベースを1本放ちましたが、チームは3対4で惜しくも敗れてしまいました。

3年夏の神奈川県大会では全7試合に4番・ライトで出場し、打率.462、ホームラン1本、打点7の活躍で優勝!
甲子園でも打率.381、ホームラン1本、打点6と好成績を残し、45年ぶりの日本一を達成しました。

U-18日本代表

3年夏の甲子園終了後には、甲子園での活躍が認められ、U-18日本代表入りを果たし、U-18ワールドカップに出場しています。

開幕2試合で5番を務めましたが、3戦目に出場した際にデッドボールを受け、左膝骨折。
以降は一塁コーチャーとして、準優勝に貢献しました。

大学時代(国際武道大)

高校卒業後は国際武道大学へ進学。
1年春からレフトのレギュラーを獲得しています。
1年秋からは4番を任され、打率.388、ホームラン0本、打点11の活躍でベストナインを受賞しました。

全国大会には2年春と3年春の大学野球選手権に出場し、どちらも準優勝になっています。

プレースタイル

一発を秘めた打撃が魅力の右の外野手です。
鋭いスイングから広角に長打を放つことができます。

また、50メートル6秒5の俊足で、大学3年秋までのリーグ戦61試合で通算21盗塁を記録しています。

スカウトの評価

■阪神・畑山統括スカウト
「フライボール革命に適したスイング。右にも長打が出る。走り方も力強い。貴重な右の外野手」

まとめ

豊田選手はプロからの評価もとても高い選手です。
ぜひプロ入りをしてもらって、高校時代のチームメイトの小笠原投手や吉田投手とともに活躍してほしいですね。

 

■関連記事
2019年ドラフト候補一覧→高校(投手野手)大学社会人(投手野手)