大学野球

鎌仲純平(國學院大)ドラフト候補の中学高校は?スイングスピードが凄い!

國學院大學のドラフト候補・鎌仲純平選手。
外国人選手レベルのスイングスピード持つプロ注目の外野手です。

プロフィール


名前:鎌仲 純平(かまなか じゅんぺい)
生年月日:1997年8月6日
出身:北海道旭川市
身長:177cm
体重:86kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:外野手
経歴:旭川市立聖園中学校→北海高校→國學院大学

小中学生時代

小学生から『旭川大雪リトル』で野球を始めました。

中学時代は、『旭川北陵シニア』でプレー。
東日本選手権に出場した際には、全試合本塁打を記録しています。

高校時代(北海高校)

中学卒業後は、北海高校に進学。
高校では、入学直後に右膝半月板を損傷したのをはじめ、2年夏には左太もも裏を断裂と、ケガに悩まされました。

それでも2年秋にレフトのレギュラーを獲得すると、打順も4番を任され、さらには主将にも就任しています。
そして、
2年秋の全道大会準優勝!
3年春の全道大会は優勝!!
3年夏の全道大会も優勝!!!
と、チームの好成績に貢献しました。

3年夏の甲子園は、1回戦・鹿児島実業戦で4対18の大敗を喫したものの、鎌仲選手は右中間スタンドにたたき込む2ランホームランを放っています。

高校時代からプロから注目されていましたが、高校卒業時にはプロ志望届を提出せず、國學院大學へと進学しました。

大学時代(國學院大)

2年春のリーグ戦から出場しています。
2年秋のシーズン中盤4番・レフトの座を掴みました。

3年秋には、打率.400、ホームラン2本、打点11の好成績で外野ベストナインを受賞しています。

プレースタイル

長打力が魅力のプロ注目外野手です。
スイングスピードは驚異の157km/h!
バレンティン選手(ヤクルト)が時速151km/h、ブランコ選手(中日、DeNA、オリックス)が158km/hですから、外国人選手レベルですね。

遠投89m。
50m走6秒2。

持ってる男!

高校3年生の時に、高校野球が始まって100年という節目に行われた甲子園で、大会第1号となるホームランを打っています。
この日は奇しくも鎌仲選手の誕生日でした。
しかも、北海道勢60本目というおまけ付き!

また、大学4年生の5月1日に行われた亜細亜大学との試合では、サヨナラホームランを打っています。
これは“令和最初のサヨナラホームラン””令和最初のウイニングボール”となりました。
ホームランボールは東都リーグ連盟が回収し、今後、一般に公開することなどを予定しているそうです。

まとめ

鎌仲選手の夢はプロ野球の選手です。
鎌仲選手のような“持ってる男”はプロでも活躍してくれそうですね!

 

■関連記事
2019年ドラフト候補一覧→高校(投手野手)大学社会人(投手野手)