大学野球

坂本裕哉(立命館)ドラフト評価や出身中学高校は?球速や身長も!

2017年の東克樹投手(DeNA)2018年の辰己涼介選手(オリックス)と、2年連続でドラフト1位を輩出している立命館大学
その立命館大学でプレーしている2019年のドラフト1位候補が、坂本裕哉投手です。
左腕から最速148km/hのストレートを投げ、“東2世”とも呼ばれています。

2人の偉大な先輩たちに続いてのプロ入りはなるのでしょうか!?

プロフィール


名前:坂本 裕哉(さかもと ゆうや)
生年月日:1997年7月28日
出身:福岡県福岡市
身長:180cm
体重:85kg
投打:左投げ左打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:福岡市立玄洋小学校→福岡市立玄洋中学校→福岡大大濠高校→立命館大学

小中学生時代

小学4年生から軟式野球を始めました。

中学時代軟式野球部に所属。
中学3年生の時には九州大会優勝を経験しています。

高校時代(福岡大大濠)

中学卒業後は福岡大大濠に進学。
1年秋からベンチ入りしています。
そして2年秋エースの座を獲得
3年夏の福岡県大会では初戦で6回を10奪三振の好投を見せ、プロのスカウトから高い評価を得ました。
しかし、チームは5回戦で敗れて甲子園出場はなりませんでした。

大学時代(立命館)

高校卒業後は、立命館大学へ進学。
2年生からリリーフとしてリーグ戦に出場しています。

3年春には山上大輔投手(現・日本新薬)に次ぐ先発2番手として、3勝1敗、防御率3.82の実績を残し、4シーズンぶりのリーグ優勝に貢献しました。
続く大学野球選手権大会では、2回戦の国際武道大学との試合で先発。
試合は味方の援護なく0対2で敗れたものの、坂本投手は6回2/3を投げ、9つの三振を奪う好投を見せました。

チームメイト

大学の同期のチームメイトには、最速156km/h右腕の福島滉貴投手らがいます。

福島滉貴(立命大)大学最速のドラフト候補!中学高校は?怪我が不安?立命館大学のドラフト候補・福島滉貴投手。 172cmと小柄ながら、最速156km/hのストレートを投げる速球派のピッチャーです。 1...

プレースタイル

最速148km/hのストレートを投げるプロ注目のサウスポーです。
変化球はスライダー、カーブ、チェンジアップなど。

角度のあるストレート低めの変化球とのコンビネーションで、三振を多く奪うことができます。
3年春の京都大学との試合では、1試合15奪三振を記録しました。

スカウトの評価

■阪神・熊野スカウト
「もう少し、低めの変化球を意識させることができれば、威力ある高めの直球ももっと生きてくる。今日の投球が続けば、注目度も上がってくる」

■広島・鞘師スカウト
「スライダーにキレがあった。これから楽しみ」

憧れは東克樹投手

憧れの存在は、大学の2年先輩のDeNA・東克樹投手です。
坂本投手が2年生の時には、寮で東投手と同部屋でした。
東投手からはチェンジアップを教わるなどして、自身の投球をレベルアップさせてきています。

しかし、坂本投手は東投手にただ憧れているだけではありません!
「東さんを超えたいです」
とも言っています。

もし坂本投手が大学在学中に、2018年セリーグ新人王の東投手を超えるようなピッチャーに成長することができたら、今年も立命館大学からドラフト1位選手が出るのは間違いないでしょうね!

■関連記事
2019年ドラフト候補一覧→高校(投手野手)大学社会人(投手野手)