大学野球

高橋亮吾(慶應大)ドラフト候補の出身中学高校や身長!球速球種は?

今年の慶應大学の投手陣を引っ張るのは、2人の「高橋」投手です!
一人はプロ注目のサウスポー・高橋佑樹投手
もう一人は、今回紹介したい右投げの高橋亮吾投手です。

高校時代は全くの無名でしたが、大学で急成長!
ドラフト候補に名前が挙がるまでになっています。

プロフィール


名前:高橋 亮吾(たかはし りょうご)
生年月日:1997年9月19日
出身:神奈川県逗子市
身長:180cm
体重:86kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:逗子市立久木小学校→慶應義塾湘南藤沢中学校→慶應義塾湘南藤沢高校→慶應義塾大学

 

小中学生時代

小学1年生から『逗子リトル』で野球を始めました。

中学時代軟式野球部に所属。
主にキャッチャーとしてプレーしていました。

 

高校時代(慶應義塾湘南藤沢)

中学卒業後は、附属の慶應義塾湘南藤沢高校に進学。
1年夏の神奈川県大会からキャッチャーの控えとしてベンチ入りしています。
1年秋から外野手としてプレーした後、2年春からピッチャーを始めました。

3年生の時にはエースで4番としてチームを引っ張り、春夏と2季連続の県4回戦進出を果たしています。

 

大学時代(慶應大学)

高校卒業後は内部進学で慶應大学へ進学。

実は高校時代は何の実績もなかった高橋投手は、大学で野球を続けるか悩んでいました。
そんな時、父・徹也さん
「神宮で野球をしている姿が見てみたいな」
とつぶやいた言葉に背中を押され、入部を決意しました。

さらに、投手としてやっていく自信がなく、また打撃が得意だったこともあり、入部当初は外野手でした。
しかし、大学1年の6月林卓史助監督の目に止まり、投手に再転向
1年秋からリリーフでリーグ戦に出場します。

2年春のリーグ戦にはリリーフエースとして、9試合22回.2/3を投げ、2勝1敗、防御率2.38と好成績を残しました。
そして2年秋からは先発を任されるようになり、以後、慶應大学投手陣の柱として活躍を続けています。

 

チームメイト

同期のチームメイトには、プロ注目左腕・高橋佑樹投手らがいます。

プレースタイル

最速149km/hのストレートを投げる本格派のピッチャーです。
変化球はスライダー、カーブ、フォークなど。
特にフォークは最大の武器です。
フォークボールを磨いたことで、大学での躍進につながりました。
また、その他にナックルボールという、ちょっと珍しい変化球も操ります。

バッティングも得意で、高校時代は4番打者として活躍していました。
遠投115m。

 

まとめ

現時点では、高橋亮吾投手がプロ志望かどうかはわかりませんが、同期の高橋佑樹投手とともに、できればプロで活躍してほしいですね。
また、それだけの実力は十分あるピッチャーだと思います。

 

■関連記事
2019年ドラフト候補一覧→高校(投手野手)大学社会人(投手野手)