大学野球

北山比呂(日体大)ドラフト評価や出身中学高校は?身長や球速も!

日本体育大学のドラフト候補・北山比呂投手
高校時代は名門・横浜で控え投手でしたが、大学入学後に154km/hを投げるまでに急成長を果たしたピッチャーです。

ピッチャーで「比呂」という名前だと、個人的にはあだち充の野球漫画「H2」の主人公・国見比呂を思い出します。
ちょうど北山投手が生まれた頃は「H2」が連載していた時期ですね。
もしかしたら、若い頃は横浜高校で野球をやっていた父・雄二さんが、息子に国見比呂のようなピッチャーになってほしくて付けたのかもしれませんね。

プロフィール


名前:北山 比呂(きたやま ひろ)
生年月日:1997年10月15日
出身:神奈川県横浜市
身長:175cm
体重:79kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:横浜市立希望ヶ丘小学校→横浜市立南希望が丘中学校→横浜高校→日本体育大学

 

小中学生時代

小学3年生から瀬谷リトル』で野球を始めました。
中学時代は父がコーチを務める『瀬谷シニア』でプレー。

中学卒業後は父の母校でもある名門・横浜高校へと進学しました。

 

高校時代(横浜高校)

1年夏から控え投手としてベンチ入り
2年秋の神奈川県大会公式戦デビューを果たしました。
本人が
「自分は背番号18で、4番手でした」
と言うように、当時の横浜高校のエースは、1学年下の藤平尚真投手(現・楽天)でした。

3年夏の神奈川大会はいずれもリリーフで3試合に登板し、無失点に抑えています。
しかし、決勝で東海大相模高校に0対9で敗れ、甲子園出場はなりませんでした。

 

大学時代(日本体育大学)

高校卒業後は日本体育大学に進学。
2年春からリーグ戦に出場しています。

1学年上に松本航投手(西武ドラフト1位)、東妻勇輔投手(ロッテドラフト2位)という、2人の好投手がいたために、あまり登板機会に恵まれませんでした。
それでも3年秋のリーグ戦では防御率0.40の活躍で初の投手ベスト10入りを達成しています。

 

チームメイト

大学時代のチームメイトには、同じくプロ注目の吉田大喜投手がいます。

プレースタイル

最速154km/hのストレートを投げる本格派のピッチャーです。
高校時代のエースだった藤平投手の最速が152km/hですので、球速だけでしたら、藤平投手を超えてきていますね!

さらに北山投手のストレートはただ速いだけでなく、球威もすごいと評判です。

変化球は縦に曲がるスライダー、カーブなど。
コントロールはまずます。

 

スカウトの評価

■阪神・平塚スカウト
「ボールが強い」

■ヤクルト・丸山スカウト
「(直球の力は)もっともっと強い」

 

まとめ

北山投手は1学年上に松本航投手、東妻勇輔投手)のがいたために、大学での実績は少ないです。
大学4年の今年はいっぱい活躍して、2人の先輩に続いてのプロ入りを果たしてほしいですね。

■関連記事
2019年ドラフト候補一覧→高校(投手野手)大学社会人(投手野手)