野球

橋本吏功(花咲徳栄)読み方はりく!ドラフト候補の中学や身長は?

花咲徳栄のドラフト候補・橋本吏功選手
170cmと小柄ながらも、50m6秒0の俊足に加え、高校通算22本塁打とパワーも持ち合わせているプロ注目の外野手です。
2年生の夏に出場した甲子園では、横浜高校の及川雅貴投手からホームランを放ち、パンチ力のあるところを見せていました。

プロフィール


名前:橋本 吏功(はしもと りく)
出身:北海道洞爺湖町
身長:170cm
体重:80kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:外野手
経歴:洞爺湖町立虻田中学校→花咲徳栄高校

小中学生時代

小学生から『虻田ジュニアオーシャン』で野球を始めました。
中学時代『洞爺湖シニア』でプレーしています。

中学卒業後は、洞爺湖シニア時代に憧れていた先輩が、埼玉県にある花咲徳栄に進んでいたことから、背中を追い、チームメイトの川内輝選手と和田駿也選手とともに同校へ進学しました。

高校時代(花咲徳栄)

花咲徳栄は橋本選手が1年生の夏に甲子園で優勝していますが、その時はまだベンチ外でした。

1年時秋の新チームからセンターのレギュラーの座を掴みます。
打順も5番を任され、秋の埼玉県大会で優勝!
しかし、続く関東大会1回戦敗退でセンバツ出場はなりませんでした。

2年夏の北埼玉大会には1番・センターとして臨み、4年連続優勝に貢献!
続く甲子園、初戦・鳴門戦では5打数1安打に終わりますが、
2回戦の横浜高校戦で3打数3安打2四死球全打席出塁!
7回にはプロ注目の好投手・及川雅貴投手からレフトスタンドへのホームランを放っています。(試合は6-8で敗戦)

2年秋の新チームからは2番打者を任されます。
2年生秋の埼玉県大会3回戦敗退

プロ注目のチームメイト

高校の同期のチームメイトには橋本選手と同じくプロ注目選手で、U18日本代表メンバーの1次候補にも選ばれている韮澤雄也選手、中津原隼太投手らがいます。

韮澤雄也(花咲徳栄)ドラフト評価や出身中学は?身長体重も!

 

プレースタイル

170cm80kgのガッチリとした小柄な外野手です。
ノーステップ打法で、左右に長打を放つ右の中距離ヒッター
高校通算21発のパンチ力を秘めています。

50m走6秒0の俊足で、セーフティバントや盗塁など足を使った攻撃も持ち味の一つです。
遠投110mと肩も強く、守備でもチームに貢献します。

まとめ

花咲徳栄高校は、
2015年に大瀧愛斗選手(西武ドラフト4位)
2016年に高橋昂也投手(広島ドラフト2位)、岡崎大輔選手(オリックスドラフト3位)
2017年は西川愛也選手(西武ドラフト2位)、清水達也選手(中日ドラフト4位)
2018年は野村佑希選手(北海道日本ハムドラフト2位)
と、昨年までの4年間で6人ものプロ野球選手を輩出しています。

2019年にドラフト指名される選手がいるとしたら、橋本選手か韮澤選手だと思います。
できれば二人そろってプロ入りできるといいですね。

 

■関連記事
2019年ドラフト候補一覧→高校(投手野手)大学社会人(投手野手)