野球

渡部雅也(日大山形)ドラフト候補の出身地や中学は?震災を経験!

日大山形のドラフト候補・渡部雅也選手。
強肩強打のキャッチャーです。

福島第1原発があった福島県大熊町出身で、小学3年生の時に東日本大震災を経験しています。
当時、所属していたチームが消滅したり、避難生活をしたりと困難に直面しましたが、それらを乗り越え、2年春にはセンバツに出場!
3年生の今年は、侍ジャパンU18日本代表選手1次候補に選ばれるなど活躍を続けています。

プロフィール


名前:渡部 雅也(わたなべ まさや)
生年月日:2001年9月12日
出身:福島県大熊町
身長:182cm
体重:84kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:キャッチャー
経歴:相馬市立中村第一中学校→日大山形高校

 

東日本大震災を経験

小学2年生から『大熊町スポーツ少年団』で野球を始めました。

小学3年生の時に、東日本大震災を経験しています。
渡部選手が生まれ育った福島県大熊町には東京電力福島第1原発があり、原発事故のため震災後は相馬市に移り住むことになりました。
所属していた『大熊町少年野球クラブ』は解散を余儀なくされ、家庭の事情や原発事故によるグラウンドの土壌汚染などで、野球をあきらめざるを得なくなった仲間も多くいたそうです。
それでも、渡部選手は家族や親せきに励まされ、避難先で野球を続けることを選びました。

中学時代『仙台南シニア』でプレーしていました。

 

高校時代(日大山形)

中学卒業後は日大山形高校に進学。
1年春から控えとしてベンチ入りします。

1年秋の山形県大会レギュラーを獲得。
打順も5番を任され、打率.318、ホームラン1本の活躍で、山形県大会3位&東北大会ベスト4入りを果たしました。

翌2年春のセンバツ大会には4番・キャッチャーとして出場。
奈良・智弁学園に3対5で敗れたものの、渡部選手は5打数2安打1打点と奮闘しまた。
4回表の第2打席では、低め直球を左フェンスに直撃させる、あわやホームランというツーベースを放っています。

2年夏の山形県大会も4番・キャッチャーとして臨みますが、3回戦敗退
2年秋の山形県大会は、ベスト8敗退に終わっています。

 

プレースタイル

182cm84kgと恵まれた体格の強肩強打のキャッチャーです。
力強いバッティングが持ち味で、2年春からチームでは4番を担っています。
二塁送球タイムの最速は1.9秒肩も強いです。

本人もバッティングと肩には自信を持っており
「肩と打撃は自信がある。大胆に堂々とリードし、打撃ではチャンスで1本打てるようにしたい」
と言っています。

50m6秒6

 

まとめ

渡部選手は、今年の夏にはもう一度甲子園で見てみたい選手ですね。
震災で野球を辞めざるを得なかった仲間たちのぶんまで、たくさん活躍してほしいと思います。

 

■関連記事
2019年ドラフト候補一覧→高校(投手野手)大学社会人(投手野手)