中川圭太(東洋大)ドラフト候補はPL学園卒!成績や出身中学は?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

追記:プロ志望届を提出しました。
その他、提出選手はこちら
プロ志望届2018(高校/大学)提出者一覧!期限や上位指名候補は?

 

2018年の大学ナンバー1バッターと言われているのが、東洋大学の中川圭太内野手です。
広角に打てる打撃が持ち味の強打者で、大学3年の頃から、大学日本代表のクリーンナップを任されています。

 

名前:中川圭太(なかがわ けいた)
生年月日:1997年4月15日
出身:大阪府阪南市
身長:180cm
体重:75kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:二塁手
経歴:阪南市立尾崎小学校→阪南市立尾崎中学校→PL学園→東洋大学

 

中川選手は、小学1年生の時から「尾崎ボーイズ」で野球を始めました。
中学時代は、「泉佐野シニア」でプレー。
中学3年の夏には、日本代表として、U-16世界選手権大会3位を経験しています。

高校は、PL学園に進学。
1年秋から、レギュラーを獲得すると、 秋の大阪府大会では、全試合に五番・ファーストでスタメン出場し、12打数で10安打、4本塁打14打点という好成績を残しています。

スポンサードリンク

○不祥事により出場辞退
しかし、1年生の2月に部内暴力が発覚して、チームが6カ月の対外試合禁止処分を受けてしまいます。
また、それにより、当時の監督が退任し、次の監督が決まらないという状態が続きました。

 

○野球経験がない校長が監督代理
中川選手は、秋から監督不在のチームをキャプテンとしてチームを引っ張ります。
四番・セカンドとして、秋の大阪大会で準優勝を果たし、近畿大会に進出。
近畿大会では1回戦で、福知山成美に2対3 で敗れ、選抜出場はなりませんでした。

3年夏の府大会も、決勝で、その年甲子園で優勝した大阪桐蔭に敗れ、またも準優勝で終わります。
結局、高校3年間で甲子園出場の夢はかないませんでした。

もし、ちゃんとした監督がPLにいたら、同じ結果にはならなかったかもしれません。
監督不在で、準優勝2回というのはすばらしい成績だと思います。
高校3年生の時にプロ志望届を提出しますが、指名漏れをし、東洋大学に進学します。

 

○1年春からいきなり四番
大学では、入学直後のオープン戦の初戦から「四番・DH」で出場し、5打数4安打2打点と大活躍します。

さすがに春のリーグ戦では、四番打者ではなく、三番か六番打者でしたが、全試合スタメンで打率.262の成績を残しました。
その後も、東洋大学の主力として、活躍を続けます。

3年生の時には、大学日本代表にも選出され、全試合で三番打者としてクリーンナップを打ち、ユニバーシアード優勝に貢献しています。

 

○PL学園最後のプロ野球選手に!?
これまでも、多くのプロ野球選手を輩出してきたPL学園ですが、2016年に休部になってしまい、再開の見込みは立っていません。
もしかしたら、中川圭太選手が、PL出身最後のプロ野球選手になってしまうかもしれません。

中川選手は
「いつか復活してくれることを願うしかない。そのためにも、OBがしっかりやらないといけない」
中川選手の今後の活躍がPL復活の鍵になるかも?
※その他のPL出身でプロ入りの可能性がありそうな選手には、中川選手の1年先輩の前野幹博選手(ヤマハ)や中山悠輝選手(東京ガス)がいます。

高校卒業時には、指名漏れを経験した中川圭太選手ですが、大学卒業時には、必ず指名があると思います。
プロに入ったら、歴代のPL出身の先輩に負けないような大記録をいっぱい作ってほしいですね。

 

■関連記事
●2018年ドラフト候補一覧→高校生大学・社会人

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ