プロ野球

プロ野球新人王予想2019!セリーグ候補は?資格条件や発表日も!

オープン戦も終了し、今週末からは早くもシーズン開幕!
ということで現時点でのセ・リーグ新人王を予想してみました。

◆パ・リーグはこちら

新人王の資格は

新人王の資格は、
「プロ入り5年以内の選手で、前年までの出場が投手なら累計30回以内、野手は累計60打席以内」
です。

 

2019年のプロ野球新人王の発表日

今年のプロ野球新人王は、
2019年11月26日(火)の「NPB AWARDS」
で発表されます。

 

予想

◎本命:上茶谷 大河(横浜DeNA) 投手
・2018年ドラフト1位
・東洋大学出身
自慢の最速152km/hのストレートはプロでも十分通用しています。
怖いのはケガだけ。

○対抗:高橋 優貴(巨人) 投手
・2018年ドラフト1位
・八戸学院大学出身
丸選手が加わって強力になった巨人打線をバックにローテーションを守り続ければ、自ずと勝ち星は増えていくはず!

△穴:床田 寛樹(広島) 投手
・2016年 ドラフト3位
・中部学院大学出身
プロ入り1年目から開幕ローテーション入りを果たすも、3試合目で左肘を痛め、手術。
2年目は一軍での登板はなし。
3年目の今年は、オープン戦の防御率1.59(12球団2位)と絶好調!

その他の有力候補

村上 宗隆(ヤクルト) 内野手
・2017年 ドラフト1位
・九州学院出身
清宮幸太郎選手、安田尚憲選手と同世代のパワーヒッター。
今年の2月には日本代表も経験。
個人的には新人王の大本命に挙げたいくらいの選手です!

 

近本 光司(阪神) 外野手
・2018年 ドラフト1位
・大阪ガス出身
大卒社会人の即戦力選手の評判通り、開幕スタメン濃厚!

 

木浪 聖也(阪神) 内野手
・2018年 ドラフト3位
・Honda出身
オープン戦の打率.373は、規定打席に達した選手の中で第3位!
青森山田高校時代の同級生・京田陽太選手(中日)に続いての新人王も十分あり得ます!

 

小園 海斗(広島) 内野手
・2018年ドラフト1位
・報徳学園出身
同世代の根尾昂選手(中日)、藤原恭大(ロッテ)がプロのレベルに苦しむ中、高卒1年目のオープン戦からホームランを2本打つなど活躍しています!

 

塩見 泰隆(ヤクルト) 外野手
・2017年ヤクルト4位
・JX-ENEOS出身
オープン戦の打率.385は規定打席に達した選手の中で12球団2位!
ただ、唯一の問題は、ヤクルトの外野陣は青木宣親選手、バレンティン選手、雄平選手と磐石で出場が難しいところ。
3人ともベテランなどでケガなどで離脱することがあれば、一気にブレイクするかも!

 

大貫 晋一(横浜DeNA) 投手
・2018年 ドラフト3位
・新日鐵住金鹿島
即戦力ピッチャー。
1年目の開幕から先発を任されること濃厚です。

今年は例年以上に、新人選手が活躍しそうな感じがしますね!

 

オススメのプロ野球視聴!

新人選手の活躍が楽しみなプロ野球!
プロ野球を見るなら、DAZNがお勧めです!
今年は巨人戦も見られるようになっています!
※残念ながら今年から広島とヤクルトの主催試合は見られなくなってしまいましたが・・・。

また、野球以外にもサッカーJリーグ、海外サッカー、バスケのBリーグ、バレーのVリーグなど、多くのスポーツを見ることができます。

docomoユーザーならなんと980円!!!
1ヶ月だけのお試しなら0円です。
一度、試してみるのもいかかでしょうか?