野球

大畑蓮(明豊)ドラフト候補の球速や身長体重!小学校や中学も!

2019年センバツに出場している大分・明豊高校大畑蓮投手。
背番号は10ながらも、1学年下のサウスポー・若杉晟汰投手ダブルエースとして、昨秋の大分県大会優勝九州大会準優勝を経験しています。

センバツでは初戦の4回からリリーフで登板すると、強豪・横浜高校相手に、6イニングを8奪三振、1失点の好投を見せ、勝利に貢献しました!
球速も自己最速の144km/hを記録しており、今後がとても楽しみなピッチャーです。

プロフィール


名前:大畑 蓮(おおはた れん)
出身:大分県別府市
身長:184cm
体重:73kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:別府市立朝日小学校→明豊中学校→明豊高校

 

小中学生時代

小学生の時に、軟式野球を始めました。

中学は軟式野球の強豪、私立・明豊中学校に進学します。
当初は野手でしたが、中学の監督から投げ方の良さ、球筋の良さを買われ、投手に転向しました。

中学卒業後は
「大分から甲子園に行きたい」
との想いから、そのまま明豊高校に進みました。

 

高校時代(明豊)

高校では周りのレベルの高さを実感し、
「3年間ベンチに入れるか不安だった」
と言います。
実際、1年夏に明豊高校は甲子園に出場していますが、大畑投手はベンチ外でした。
それでも、大畑投手はトレーニングを懸命にこなし、紅白戦や練習試合で必死にアピール。
その甲斐もあって、2年春の大分県大会から控え投手としてベンチ入りを果たしました。

右肩痛

2年夏の大分県大会では先発の一角を任されます。
しかし、初戦の大分工戦でロングリリーフで投げた翌日、今までにない肩の痛みを感じました。
その後も痛みを押して投げ続けましたが、先発した準決勝の柳ヶ浦戦で、7回途中6失点でKO
チームも敗れてしまいました。

復帰後

大会終了後は、1ヶ月間のノースローの期間を経て、8月下旬に復帰。

投げられない間に、インナーマッスルや下半身を強化するトレーニングをしっかり行ったことで、ストレートの球速がアップし、2年秋の公式戦ではすばらしいピッチングを見せました。
2年秋の大分県大会では優勝!
続く九州大会でも準優勝に貢献しました。

 

プレースタイル

最速144km/hを投げる本格派のピッチャーです。
184cmの長身から繰り出される角度あるストレートが武器。

高校では、同級生や先輩に140キロ台の速球を投げる投手が複数いたことから、スピードではかなわないと思いました。
そこで大畑投手は、投手陣で最も高かった身長を活かそうと
「いかに角度ある速球を投げられるか」
を考え、フォームを固めてきました。

変化球はスライダー、チェンジアップ、スプリット、カーブなど。
遠投110m。

 

まとめ

身長の割には、まだ細身のピッチャーです。
体ができてくれば、もっと速いボールを投げられるようになると思います。
これから夏にかけてとても楽しみなピッチャーです。

プロには行かないのでしょうかね?
地元のホークスに育成としてでも入れば、数年後には150km/hを優に超えるピッチャーに成長しそうな気がします。

■関連記事
2019年ドラフト候補一覧→高校(投手野手)大学社会人(投手野手)