野球

前佑囲斗/ゆいと(津田学園)ドラフト候補はイケメン!出身中学も!

17年ぶり3回目のセンバツ出場を果たした津田学園エース・前佑囲斗投手
最速148km/hの速球を投げる本格派、全国的にはまだあまり知られていませんが、高卒プロ入りも十分ありえるピッチャーです。
しかもイケメン
センバツではピッチングとともにビジュアルでも注目を集めそうな選手です。

プロフィール


名前:前 佑囲斗(まえ ゆいと)
生年月日:2001年8月13日
出身:三重県亀山市
身長:182cm
体重:87kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:亀山市立神辺小学校→亀山市立亀山中学校→津田学園高校

小中学生時代

小学1年生から『関パワーキッズ』軟式野球を始めました。
ピッチャーを始めたのは小学3年生の時。

中学時代は、『津ボーイズ』でプレーしていました。

高校進学際には、当初は県外の強豪校から甲子園を目指すことを考えていましたが、中学3年の夏に、2歳上の兄・恵弥さんがいた津田学園が県大会決勝で敗れるのを見て
「兄の分まで、甲子園に行きたい」
と同校へ進学を決断しました。

高校時代(津田学園)

1年秋から背番号11としてベンチ入り
シード校として臨んだ2年生夏の三重県大会では、初戦でリリーフするも、サヨナラ負けを喫してしまいました。

「二度とこんな負け方はしたくない」
と誓い、肉体改造に励みます。
ウエイトトレーニングを開始し、食事を増やし、9kgの体重増に成功!
その成果もあり、球速が5km/hアップし、制球力も安定しました。

2年秋にエースの座を獲得します。
秋の三重大会3位に入り、東海大会に進出。
全4戦試合先発し、25回1/3を25奪三振、15失点、3完投をマークしています。
決勝で東邦高校に敗れたものの、準優勝を達成しました。

高校の同学年のチームメイトには前川夏輝選手らがいます。

前川夏輝(津田学園)ドラフト候補は弟も凄い!出身中学や身長体重は?津田学園のドラフト候補・前川夏輝選手。 プロ注目の強打の二塁手です。 2年秋の東海大会では3試合連続のホームランを打って、注目を集め...

プレースタイル

182cm87kgの恵まれた体格から、最速148km/hのストレートを投げる本格派のピッチャーです。

以前は、常に全力投球の力投型のピッチャーでしたが、昨年夏の金足農業の吉田輝星投手の投球を見て、同じストレートでも、ピンチの時や勝負所だけ球速を上げる“ギアチェンジ”を取得しました。
これにより、制球も安定し、完投数も増えています

変化球はスライダー、カーブ、ツーシームなど。

性格は?

マウンド上では表情を変えない“ポーカーフェイス”である一方、普段の生活では寂しがり屋な一面もあるそうです。

また、寝ることが好きで、中学時代には最高17時間寝たこともあります。
背が高いですし、寝る子は育つ。てことでしょうか!?

まとめ

前投手の将来の夢はプロ野球選手です。
すでに年明けから、地元・中日など7球団のスカウトが視察、あいさつに訪れています。
もし、プロ入りとなると、津田学園からは桑原謙太朗投手(現・阪神)以来の2人目です。
甲子園で活躍して、ぜひ、プロ入りを果たしてほしいですね。

■関連記事
2019年ドラフト候補一覧→高校(投手野手)大学社会人(投手野手)