野球

河野佳(広陵)ドラフト候補の出身中学や球速球種は?身長体重も!

選手層の厚い広陵高校には、石原勇輝投手森勝哉投手など、多くの好投手がそろっています。
その投手陣の中で、エースナンバーの背番号1を付けているのが、右の本格派・河野佳投手です!
身長174cmと小柄ですが、最速148km/hのストレートを投げます。
2年秋は大活躍で、広島県大会と中国地区大会優勝を達成しました。

プロフィール


名前:河野 佳(かわの けい)
生年月日:2001年8月23日
出身:兵庫県加古川市
身長:174cm
体重:76kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:加古川市立神野小学校→広島市立大州中学校→広陵高校

 

小中学生時代

お姉さんの影響で、小学3年生からソフトボールを始めました。
当時のポジションはキャッチャー

中学からは『広島南シニア』に入り、ピッチャーに転向しました。

 

高校時代(広陵)

中学卒業後は、広陵高校に進学。
1年秋から控え投手としてベンチ入りを果たします。

しかし、高校入学後から不調が続き、1年冬から2年生の春まで野手に転向していました。
そんな時に、中井惇一副部長に
「自分の思うように投げてみろ」
と言われ、気持ちが吹っ切れ、腕が縮こまっていたのに気づきました。

さらに、それまではスライダー、ツーシーム、フォークなど多くの変化球を投げていましたが、中井哲之監督から
「球種をストレート、スライダーだけにしろ」
とアドバイスを受け、ストレートを磨くことにこだわりました。
すると、一時は120km/h台まで落ち込んでいたストレートが140km/h台までアップを果たしたのです!

2年生の夏には2番手投手として広島県大会優勝に貢献。
続く甲子園でも初戦の二松学舎大付との試合で、リリーフで登板を果たしています。
チームは敗れたものの、河野投手は1回を1安打1奪三振無失点に抑えました。

 

創志学園・西純矢投手に投げ勝つ

2年秋エースの座を獲得すると、先発にリリーフにフル回転の活躍で、秋の広島県大会、中国地区大会優勝を達成!
中国地区大会の準決勝では、今年の高校ビッグ4の一人・創志学園の西純矢投手と投げ合っています。
見事、河野投手は8回4安打無失点の好投で、完封で勝利を収めました。

 

プレースタイル

174cmの小柄ながら、最速148km/hのストレートを投げる本格派のピッチャーです。
憧れの投手は楽天・則本昂大投手
「体の大きさが変わらないので参考になる」
と言います。

変化球は縦と横の2種類のスライダー、カーブ、ツーシーム、チェンジアップ、フォーク

 

スカウトの評価

今のところ、河野投手についてのスカウトのコメントはありません。
しかし、河野投手はまだ、成長途中のピッチャーです。
おそらく3年の夏ごろには球速も150km/h台に乗せてきそう。
そうなると、プロのスカウトも黙ってはいられないでしょうね。

■関連記事
2019年ドラフト候補一覧→高校(投手野手)大学社会人(投手野手)