野球

飯塚脩人(習志野)ドラフトは?出身中学や身長や球速球種も!

センバツ出場の習志野高校エース・飯塚脩人投手。
中学までは、公立の軟式野球部の控え投手に甘んじていましたが、高校に入って急成長!
2年秋には千葉県大会準優勝&関東大会ベスト4に導く大活躍を見せています。
昨秋の公式戦の防御率0.50は、センバツ出場選手中1位です!
甲子園でも活躍が期待されています。

プロフィール


名前:飯塚 脩人(いいづか しゅうと)
生年月日:2002年3月20日
出身:千葉県習志野市
身長:181cm
体重:78kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:習志野市立第二中学校→習志野高校

 

小中学生時代

小学2年生から大久保ゼロックス』で軟式野球を始めました。

中学時代軟式野球部でプレー。
当時からピッチャーでしたが、エースではなく控え投手で、主に外野手として試合に出場していました。

 

高校時代(習志野)

中学卒業後は、千葉県の名門・習志野高校に進学。
入学当初は
「軟式上がりでしたので、先輩や同い年の硬式出身の投手や打者を見ているとパワーが違うと思いました」
と周囲のレベルの違いに驚いたそうです。

それでも投手として負けたくない気持ちから、猛練習を重ねると、1年秋からベンチ入り
2年生の春には先発を任されるようになり、千葉県大会準優勝&関東大会ベスト8を達成しました!

1学年上には、千葉ロッテからドラフト6位で指名された古谷拓郎投手がいました。
しかし飯塚投手は、その古谷投手を差し置いて、2年生の夏からはエースナンバーの背番号1を付けてプレー。
2年生の西千葉県大会は、準決勝で中央学院戦に延長10回末サヨナラで敗れ、甲子園出場はなりませんでした。

2年秋の千葉県大会からは
「完投を狙ってペース配分を考えるより、短いイニングに力を注ぐ方が自分には合う」
リリーフに専念します。
すると、この決断が大成功!!!
秋の公式戦では7試合にリリーフ登板し、防御率0.50と抜群の安定感を見せ、秋の千葉県大会準優勝&関東大会ベスト4入りに貢献しました。

 

プレースタイル

スリークォーターの本格派のピッチャーです。
高校入学時には120km/h中盤だったストレートの最速も、2年生の秋には145km/hを記録しています。
変化球はスライダー、カーブなど。

打者を打ち取った後に雄叫びをあげるなど、気迫あふれる投球が目をひきますが、習志野高校の小林徹監督によると
「頭を使える選手」
とのこと。
打者や場面によってギアを入れ替え、打者を打ち取っていきます。

 

まとめ

今のところ飯塚投手に対するプロ野球のスカウトの評価はありません。
それでも、高校3年生での活躍次第では、先輩の古谷拓郎投手に続いてのプロ入りも十分あり得るピッチャーです!

■関連記事
2019年ドラフト候補一覧→高校(投手野手)大学社会人(投手野手)