大谷拓海(中央学院)ドラフト候補は二刀流!出身中学は?選抜に注目!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

追記:打者としてプロ入りを目指すことを表明しました。

 

プロ野球界は、日本ハムの二刀流・大谷翔平投手のメジャー挑戦が話題になっていますね。
しかし、高校野球界にも、新たな二刀流の「大谷」の登場が話題になりそうです。

それが、中央学院の四番でエースの大谷拓海投手。
投げては、サイド気味のスリークォーターから最速144km/hのストレートを投げ、打っては、2年の秋の時点で高校通算22本のホームランを記録しています。

秋の関東大会では、初戦で夏の甲子園で優勝した花咲徳栄を破ると、その勢いのまま関東大会も制し、中央学院の春夏通じて、初の甲子園出場を確実なものとしています。

そんな2018年のセンバツでは注目間違いなしの大谷投手について調べてみました。

 

名前:大谷拓海(おおたに たくみ)
生年月日:2000年7月13日
出身:千葉県印西市
身長:178cm
体重:74kg
投打:右投げ左打ち
家族:両親と妹。
血液型:RHマイナスのA
経歴:印西市立滝野中学校→中央学院

 

大谷投手は、小学2年生から野球を始めました。
中学時代は、「船橋シニア」でプレーしています。

高校は、中央学院に進学。
1年生の春から3番・右翼手としてレギュラーを獲ると、同年秋からは「背番号1」を付け、秋の千葉県大会で準優勝と関東大会ベスト8に貢献しています。

関東大会1回戦では、9回2アウトまで相手打線をノーヒットに抑えるという快投をみせました。
2年生夏の千葉県大会は初戦で敗れてしまいますが、同年秋からは四番を打つようになり、再び千葉県大会で準優勝し、関東大会に出場しました。

スポンサードリンク

○2年生秋の関東大会
関東大会1回戦では、夏の甲子園で優勝したばかりの花咲徳栄相手に6-3で勝利しています。
花咲徳栄は夏の甲子園でも、強力打線が優勝の原動力となっていましたが、新チームでも強力打線は健在で、埼玉県大会で5試合47得点を記録していました。
その花咲徳栄を3失点に抑えての完投勝利はかなり凄いことです。

その後も、中央学院は、霞ケ浦、東海大相模と強豪校を破り決勝進出。
決勝の相手は、茨城県1位の明秀日立でした。

大谷投手は、四番ライトでスタメン出場すると、5回からリリーフとして登板します。
前日の準決勝でデッドボールを受けていましたが、痛みに耐え投げ抜きました。
圧巻だったのは、9回に1点差に迫られ、なおも無死満塁というピンチを迎えた時でした。
「自分のストレートはバントを決められないので」
という自信のストレートで、1人目のバッターを3バント失敗に仕留めると、続く2者も打ち取って、初優勝を決めました。

「名前は大谷だけど、投手ではダルビッシュ、打者では柳田が好き」
という大谷拓海投手。

体の線も細くまだ、プロからの評価はそこまで高くありません。
でも、そのぶん伸びしろも大きいと言えます。

ダルビッシュのピッチングと、柳田選手のバッティングを兼ね備えたスケールの大きな選手になっていってほしいですね。
今秋の明治神宮大会と来春のセンバツ大会での活躍が楽しみです。

 

■関連記事
●2018年ドラフト候補一覧→高校生大学・社会人

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ