平田徹監督(横浜高校野球部)の妻/子供は?采配に疑問も?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

名門・横浜高校平田徹監督。
2015年夏の大会後、渡辺元智前監督勇退したのに伴い、跡を継ぐ形で32歳という若さで野球部監督に就任しています。

就任後は、3年連続で激戦区・神奈川を制して、夏の甲子園出場!
着実に名監督の道を歩み始めています。

プロフィール


名前:平田 徹(ひらた とおる)
生年月日:1983年5月10日
出身:神奈川県横浜市
経歴:横浜高校→国際武道大学

 

現役時代

現役時代のポジションはキャッチャーでした。
春夏連覇を果たした松坂大輔選手と入れ替わる形で、1999年に横浜高校へ入学しています。

甲子園には2年夏と3年夏の2回出場
2年次はベスト8
3年次は主将として臨み、その年優勝した東京の日大三高に敗れましたが、甲子園ベスト4に入っています。

成績だけ見ると、すごく活躍していたようにも思われるかもしれませんが、実は平田監督は高校時代、主将を務めていましたが、レギュラーではありませんでした
レギュラーでもない平田監督がなぜ主将を任されたのか、本人も分からなかったそうです。
しかし、渡辺監督から
「日常のやりとりの中で、お前は考える力があるじゃないか、もっともっと野球を覚えてリードに生かせとか、リーダーシップを発揮しろとか、将来的にはしっかり野球を覚えれば指導者の道も開けて来るじゃないか」
と高校時代に聞かされたとことがあったと言います。
もしかしたら、その頃から渡辺監督は自分の次の監督は平田監督だと考えていたのかもしれませんね。

その後、国際武道大学へ進学し野球を続け、卒業後、すぐに横浜高校野球部のコーチに就任しました。

 

指導者時代

大学卒業後の2006年、横浜硬式野球部コーチに就任。
2010年に部長だった小倉清一郎さんが定年を迎え、27歳硬式野球部部長に昇格しています。
この人事は、
「平田は経験はまだまだ足らないが、我々がやっている間に育ってくれれば」
という渡辺監督の思いもあり、自身の後継者として育てるためのものでした。

そして、2015年夏の大会後、渡辺監督が退任したことを受け、跡を継ぐ形で野球部監督に就任しました。

監督就任後は1年目から、神奈川県大会を勝ち抜き、甲子園に出場!
2年目の夏も神奈川県大会を勝ち抜き、甲子園に出場!!
さらに、就任3年目の南神奈川大会では、横浜高校としては史上初の夏の県大会3連覇に導き、3年連続で夏の甲子園に出場しています!!!

 

嫁や子供は?

よく「平田徹 嫁」で検索されている人が多いようですが、現在のところ独身です。
ですから当然、子供もいません。

監督に就任してからも、週5日は野球部の寮に寝泊まりをしているそうですから、なかなか結婚するのは難しいのではないでしょうか?

 

無能?

ネット上では、平田監督の采配に疑問を持ち、“無能”と叩いている人もいます。
確かに、県大会までは無難な戦い方をするのに、甲子園になると不可解な選手起用や采配が見られることは事実です。
それでも、激戦区・神奈川県で夏の大会3連覇に導いた実績はさすがです。

平田監督はまだ若い監督ですので、経験を積めば、自然とそのうち、先代の渡辺監督のように名監督と呼ばれるようになってくと思いますね。

created by Rinker
¥1,836 (2019/03/23 10:26:23時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

プロ野球や大リーグ!サッカーやテニスを見るならDAZN!トライアル1ヶ月無料!

アーカイブ