大学野球

山田綾人(玉川大)ドラフト候補の出身中学高校や球速!身長体重も!

玉川大学ドラフト候補・山田綾人投手
元・巨人軍監督の堀内恒夫「直球だけで押せる」と認めるほどの、最速151km/hのストレートが武器のピッチャーです。
そんな山田投手ですが、高校時代はケガに泣かされ、公式戦登板は0でした。
しかし、大学で急激に力をつけ、玉川大学初のプロ入りを目指せるほどのピッチャーに成長しています。

プロフィール


名前:山田 綾人(やまだ あやと)
生年月日:1997年10月2日
出身:神奈川県横浜市
身長:186cm
体重:93kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:横浜市立三保小学校→横浜市立十日市場中学校→桐光学園→玉川大学

 

小中学生時代

小学1年生から『武蔵ファイターズ』で野球を始めました。
小学校6年生の時には外野手として、『ベイスターズジュニア』に選出されています。

中学時代は、『青葉緑東シニア』でプレー。
青葉緑東シニアの2学年上には、松井裕樹投手(現・楽天)がいました。
当時を振り返って山田投手は
「特に松井さんから指導を受けたことはなかったですが、練習する姿を見ているだけでも参考になった思い出があります」
と話しています。

中学2年生からピッチャーに転向すると、中学3年生の時に全国大会ベスト4入りを果たしました。

 

桐光学園へ進学

ピッチャーとしてだけではなく、4番打者としても活躍し、高校進学の際に、県内外の十数校からスカウトが訪れました。
しかし、それはどれも野手としての才能を見込まれたものでした。
高校ではピッチャーとして勝負したいと思っていた山田投手は、誘いを受けた中から唯一、投手として高く評価してくれていた桐光学園に進学します。

 

高校時代

高校では、1年冬左足首のじん帯損傷骨折で手術を受けるなど、ケガに苦しみました。
そのため、1年夏、2年夏の神奈川県大会をベンチ外で過ごしています。

3年夏の神奈川県大会でようやく背番号20でベンチ入りするものの、結局、出番がないままで終わり、高校での公式戦登板は0でした。

 

大学時代(玉川大学)

高校卒業後は、青葉緑東シニア時代のコーチだった関本四十四さんが特別コーチを務める、玉川大学に進学。
玉川大学は首都大学リーグ二部に所属していますが、2015年に元プロ野球選手の樋澤良信監督が就任してから、徐々に力をつけてきているチームです。

大学では1年春からベンチ入り
1年秋のリーグ戦から先発としてチームを引っ張っています。
2年春先に行われた巨人三軍とのプロ・アマ交流戦では、6回4安打3三振3四死球1失点の好投を見せ、注目を集めるようになりました。

 

プレースタイル

186cm93kgの恵まれた体格の本格派ピッチャーです。
高校時代138km/hほどだったストレートの最速も、大学では151km/hを記録するまでになっています。
変化球はスライダー、カーブなど。

大学3年の2月に行われた元プロ選手が大学選手を指導する「冬季特別トレーニング」堀内恒夫は、山田投手のピッチングを見て
「直球だけで押せると思うよ。そうは打たれない。あれがインハイに来たら、振っちゃうよ」
と高く才能を評価していました。

 

まとめ

今のところ、ドラフトでは育成指名が濃厚といったレベルのピッチャーです。
できれば最終学年の今年いっぱい活躍して、育成ではなく本指名で玉川大学初のプロ野球選手になってほしいですね。

 

■関連記事
2019年ドラフト候補一覧→高校(投手野手)大学社会人(投手野手)