浜屋将太(三菱)イケメンのドラフト候補!出身中学高校や球速は?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

三菱日立パワーシステムズドラフト候補・浜屋将太投手
樟南高校時代には甲子園にも出場し、ピッチングとともにイケメンぶりでも注目を集めていました。
高校卒業後は、プロ入りを目指して、三菱日立パワーシステムズ入社。
社会人3年目の今年は、プロ入り解禁の年です。

プロフィール


名前:浜屋 将太(はまや しょうた)
生年月日:1999年1月26日
出身:鹿児島県大崎町
身長:173cm
体重:81kg
投打:左投げ左打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:大崎町立大崎小学校→大崎町立大崎中学校→樟南高校→三菱日立パワーシステムズ

小中学生時代

小学2年生から『大崎ソフトボールスポーツ少年団』ソフトボールを始めました。
この『大崎ソフトボールスポーツ少年団』はその名の通り、ソフトボールのチームなのですが、阪神・福留孝介選手、西武・榎田大樹投手、広島・松山竜平選手など、多くのプロ野球選手を輩出しています。

中学時代は『鹿児島大隅ボーイズ』でプレー。
ポジションはピッチャー兼外野手で、中学3年生の時にはエースとして活躍していました。

 

高校時代(樟南)

中学卒業後は、樟南高校に進学しています。

1年夏の鹿児島県大会から、控え投手としてベンチ入り
2年秋からはエースとしてチームを引っ張り、2年秋の鹿児島県大会ではベスト4進出を果たしました。
続く九州大会でもベスト8に入っています。

3年夏の鹿児島県大会では5試合44回2/3を5失点合計646球の力投で3年ぶり優勝を達成!
決勝の鹿児島実業戦は、再試合までもつれ込む熱戦でした。

続く甲子園は、1回戦で、石原彪選手(現・楽天)、山本祐大選手(現・DeNA)のいた京都翔英と対戦し、8回1失点の好投で甲子園初勝利を達成。
2回戦は高橋昂也投手(現・広島) 、西川愛也選手(現・西武)のいた花咲徳栄と対戦して、5回まで1安打と好投しましたが、6回に4失点とつかまり、7回途中5失点のKO
チームも3対6で敗れました。

 

高校時代の同期

高校の同期のチームメイトには、畠中優大投手(現・中央大学)がいました。
畠中優大投手も、2020年のドラフト有力候補ですね。

 

プレースタイル

173cmと小柄ながら、最速143km/hを投げるプロ注目のサウスポーです。
肩ひじを柔らかく使ったきれいなフォームで、
『大崎ソフトボールスポーツ少年団』のイベントで、浜屋投手のキャッチボールを見たOBの榎田大樹投手
「直すところはない」
と関係者に伝えたそうです。

変化球はスライダー、カーブ、チェンジアップなど。

とても多くの三振を奪えるピッチャーで、高校3年夏の鹿児島県大会では44回2/3で64個もの三振を奪っています。

 

まとめ

浜屋投手は高校入学時から強いプロ志望を持っていました。
しかし、高校卒業時にはプロ志望届を提出せず、更なる成長を求めて、社会人の三菱日立パワーシステムズに入社しています。

高卒3年目の2019年は、ドラフト指名解禁となる勝負の年です!
今年の浜屋投手はどのような活躍をみせてくれるのでしょうか!?
プロでも人気がでそうな選手なので、ぜひみなさんも注目してみてくださいね。

 

■関連記事
2019年ドラフト候補一覧→高校(投手野手)大学社会人(投手野手)

スポニチ大会2019の組み合わせや注目選手!出場チームや日程も!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロ野球や大リーグ!サッカーやテニスを見るならDAZN!トライアル1ヶ月無料!

アーカイブ