社会人野球

小又圭甫(NTT東日本)イケメンのドラフト候補の出身は?怪我が不安?

NTT東日本ドラフト候補・小又圭甫投手
最速153km/hを投げる本格派のピッチャーです。
高校、大学とケガに苦しめられましたが、実力は超一級品!
なおかつ巨人・宮國椋丞投手似ている? と言われているイケメンでもあります。
もっと注目されてもおかしくはない投手ですね。

プロフィール


名前:小又 圭甫(こまた けいすけ)
生年月日:1995年4月26日
出身:千葉県千葉市
身長:182cm
体重:84kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
血液型:O型
経歴:千葉市立犢橋小学校→千葉市立犢橋中学校→千葉英和高校→國學院大學→NTT東日本

 

小中学生時代

小又投手が通っていた小学校と中学校の名前の「犢橋」「こてはし」と読みます。
元々、犢橋村というのが存在していました。
1954年に千葉市に編入合併されましたが、現在でも千葉市花見川区の地名として残っています。

小又投手は小学1年生から『こてはし台ヤングライオンズ』で、キャッチャーとして野球を始めました。
中学時代『千葉北シニア』ショートとしてプレーしていました。

 

高校時代(千葉英和)

中学卒業後は千葉英和高校に進学します。
千葉英和高校はキリスト教系の私立の学校です。
卒業生には小川龍也投手(中日→西武)がいるほか、小又投手の2学年上に網谷圭将選手(DeNA)、1学年下に重田倫明投手(ソフトバンク育成)がいました。

高校では1年春ショートベンチ入り
その後、ピッチャーに転向し、2年秋からエースになりました。

2年秋の千葉県大会ベスト8を経験。
しかし、高校2年冬のバスケットボールの授業で左手首を骨折していまい、3年生春の千葉県大会背番号18で過ごしています。

それでも、3年夏の千葉県大会では再び背番号1に戻ると、好投を続け、ベスト16に入りました。

高校時代から、ソフトバンクや広島など複数のプロチームから注目されていましたが、高校卒業時にはプロ志望届を提出せず國學院大学へと進学しています。

 

大学時代(國學院)

大学では相次ぐケガに苦しめられました。
まずは大学1年の10月右肩の第1肋骨骨折で手術を受けます。
さらに2年の5月には右肘靱帯を痛め、トミージョン手術を経験。
そのため、3年生までは公式戦に登板できませんでした。

しかし、4年春の専修大学との3回戦で初登板初先発で果たすと、いきなり自己最速となる151km/hを投げ、注目を集めます!
続く日本大学との2回戦で、さらに1km/h更新する152 km/hを計測しました。

ただし、大学時代、全4試合に先発として登板していますが、合計9回1/314四死球コントロールに苦し、すべて序盤でノックアウトとされて1勝も挙げていません。

大学卒業後、NTT東日本に入社しました。

 

NTT東日本のチームメイト

NTT東日本のチームメイトには、プロ注目の堀誠投手、熊谷拓也投手がいます。

プレースタイル

上半身の強さを生かした腕の振りから、最速153km/hのストレートを投げる本格派のピッチャーです。
変化球はスライダー、カーブ、スプリット
千葉英和高・伊藤修次監督からは、OB・小川龍也以上の球質の持ち主として高く評価されていました。

50m6秒0。

 

まとめ

社会人になってからは大きなケガもなく、短いイニング中心に活躍しています。
このままケガさえなければ、2019年のドラフトで指名される可能性は高いのではないでしょうか。

 

■関連記事
2019年ドラフト候補一覧→高校(投手野手)大学社会人(投手野手)