遠藤康平(SUBARU)ドラフト候補の出身中学/高校/大学は?好守が魅力!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

SUBARUドラフト候補・遠藤康平選手
小柄ながら軽快なフットワークで高い守備力を誇るショートです。
大学卒業時にはプロ志望届を提出するも、指名漏れを経験。
社会人で活躍してからのプロ入りを狙っています。

プロフィール


名前:遠藤 康平(えんどう こうへい)
生年月日:1996年1月12日
出身:静岡県伊豆の国市
身長:172cm
体重:72kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ショート
家族:両親と姉
経歴:伊豆の国市立大仁小学校→伊豆の国市立大仁中学校→常葉菊川高校→青山学院大学→SUBARU

 

小中学生時代

小学1年生から『大仁パワーズ』で野球を始めました。

中学時代『伊豆市シニア』でプレー。
4番・ショートとして活躍し、中学3年の夏には全国大会初優勝を達成しています!
個人でも優秀選手賞を受賞しました。

 

高校時代(常葉菊川)

中学卒業後は常葉菊川高校に進学。
1年生からベンチ入りを果たすと、旧チームからセカンドレギュラーを獲得しました。

ショートに移った2年秋には、3番打者としてチームトップ打率.400、打点11、盗塁6を記録し、秋の静岡県大会準優勝!
東海大会でもベスト4入りを果たしています。

3年春センバツに出場。
12打数5安打、ホームラン1本、打点7、盗塁2と活躍し、ベスト16入りを果たしました。

さらに春の静岡県大会では4試合8安打8打点と活躍し、優勝!
続く東海大会でも3試合でホームラン3本を含む6安打5打点と、MVP級の活躍で初優勝に貢献しています。

甲子園には3年夏も出場。
3回戦で板東湧梧投手(現・ソフトバンク)のいた鳴門高校に敗れ、春と同じベスト16にという結果でした。

高校時代からプロスカウト高く評価されていましたが、ロ志望届を提出せず、4年後のプロ入りを目指して青山学院大学へ進学しました。

 

大学時代(青山学院)

1年春のリーグから、ショートのレギュラーとして全試合に出場
中央大学の島袋洋奨投手(現・ソフトバンク)からホームランを打つなど、打率.324、ホームラン1本の好成績で新人賞に輝いています。

しかし、1年秋のリーグ戦では思うような結果を残せず、チームも2010年春以来となる2部落ちとなってしまいました。
その後も調子は上がらず、大学通算で打率.225、ホームラン7本、打点32物足りない成績に終わっています。

大学4年時にはプロ志望届を提出しましたが、遠藤選手本人も自信が無かったのか
「できればプロに行きたいです。ただ、ほとんど可能性がないのでは・・・」
と弱気なコメントを残していました。
そして、予想通り指名漏れに終わり、社会人のSUBARUへと入社しました。

 

社会人時代(SUBARU)

1年目から公式戦ベンチ入り
入社前に負った右指骨折により出遅れますが、4月の後半からショートのレギュラーに定着しました。

 

プレースタイル

好打好守のプロ注目のショート。
グラブ捌き、軽快なフットワークが魅力で、高校時代の森下知幸監督から歴代ナンバーワンの高い評価を受けていました。

バッティングは確実性にやや難があるものの、パンチ力を秘めた思い切りのいいスイングが持ち味です。
50m6秒2。遠投100m。

 

まとめ

プロを目指す上で、打撃が課題と言われています。
ただ、高校~大学1年春までは、むしろ打撃が売りというぐらい打ちまくっていましたので、何かのきっかけで自信を取り戻せば、プロ入りもぐっと近づくのではないでしょうか。
今後に注目ですね!

 

■関連記事
2019年ドラフト候補一覧→高校(投手野手)大学社会人(投手野手)

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロ野球や大リーグ!サッカーやテニスを見るならDAZN!トライアル1ヶ月無料!

アーカイブ