バスケ

篠山竜青(バスケ日本代表)の嫁や子供は?出身中学やバッシュも!

川崎ブレイブサンダース篠山竜青選手
日本代表にも選ばれている左利きのポイントガードです。

一部では俳優の小栗旬さんに似ている!?と評判のイケメン選手でもあります。
「SLAM DUNK」世代のわたしとしたら、“左利きのイケメンポイントガード”といったら、翔陽高校の藤真健司選手を思い出しますね。
篠山選手と藤真選手は、178cmという身長や、出身が神奈川県であるところ、また、チームでは主将を務めているところも同じです。
篠山選手も「SLAM DUNK」を読んで育ったそうで、B.LEAGUEと「SLAM DUNK」の作者・井上雄彦さんがコラボした雑誌では、井上さんが描いた篠山選手の貴重なイラストが掲載されており、本人もとても喜んでいました。

プロフィール


名前:篠山 竜青(しのやま りゅうせい)
生年月日:1988年7月20日
出身:神奈川県横浜市
身長:178cm
体重:78kg
利き手:左
血液型:A型
ポジション:ポイントガード
経歴:横浜市立榎が丘小学校→横浜市立旭中学校→北陸高校→日本大学→東芝ブレイブサンダース(現・川崎ブレイブサンダース)

 

家族

篠山選手は3人兄弟の末っ子として生まれました。
8歳上の兄・鉄兵さん5歳上の姉・さおりさんは、いずれもバスケットボール選手として全国大会に出場した経験があります。
特にお兄さんは篠山選手より10センチ近く背が高く、湘南工科大学附属高時代は、神奈川県少年男子選抜として国体に出場したこともあり、篠山選手にとって憧れの存在でした。

さらに母・幸子さんバスケ経験者で、高校時代には岩手県大会で準優勝に輝いたことがあります。
また、父親の篠山秀夫さんは高校時代に陸上をやっていて、走り高跳びで東京都2位、5種競技では東京都6位の実績を残し、オリンピックの強化合宿にも参加したことがあるそうです。

 

小中学生時代

幼い頃からバスケにふれていた篠山選手は、小学3年生から、兄と姉もプレーしていた横浜市青葉区にある『榎が丘ファイターズ』で本格的にバスケを始めました。
榎が丘ファイターズは全国大会へ出場したこともある強豪です。
それでも篠山選手は、小学3年生で入部してすぐにメンバー入りを果たしました。

中学時代(横浜市立旭中学校)も、神奈川県大会で優勝するなど活躍を続けました。

 

高校~大学~プロ

高校は福井県にある北陸高校に進学。
3年生の時にはウインターカップ準優勝に輝き、篠山選手自身は大会ベスト5に選出されました。

高校卒業後は、日本大学に進学します。
大学でもユニバーシアード日本代表に選ばれるなど活躍。

卒業後の2011年東芝ブレイブサンダース(現・川崎ブレイブサンダース)に入団しました。
以後、チーム名の変更などはありましたが、ブレイブサンダース一筋でプレーされています。

 

プレースタイル

冷静なゲームメイクハンドリングの高さに定評のあるポイントガードです。
鋭いドライブ高確率のシュートも武器にしています。

所属チームはもちろん、日本代表でも主将を務めるキャプテンシーの持ち主であるとともに、チームを盛り上げるムードメーカーでもあります。

ご両親によると、この性格は子供の頃からだそうで、小中学校の運動会では、小1から中3まで徒競走のゴールテープを切る時のポーズを、両手を広げたり、投げキッスをしたり、毎年変えていました。
「徒競走でどうやってゴールしようか?」
というのが、運動会での一番の楽しみであり、悩みだったそうです。

 

バッシュ

大学卒業後、アシックスを履き続けているようです。
なかでもお気に入りは『GEL TRIFORCE 2』で、ここ2、3シーズンほど履き続けています。
昨シーズンは、メーカー別注で赤いものを作ってもらっていました。

 

結婚相手(妻)は?

Bリーグを代表するイケメン選手の篠山選手ですが、2014年7月結婚されています。
お相手は一般人のため、詳しいことはわかりませんでしたが、結婚3年目の2017年8月8日には第一子となるお子さんも生まれています

 

まとめ

現在30歳とベテランの域に入ってきた篠山選手ですが、まだまだ衰え知らずです!
このまま川崎でも日本代表でも活躍を続けていってほしいですね。