海野隆司(東海大)強肩/海キャノンに注目!ドラフト候補の身長は?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

東海大学ドラフト候補・海野隆司選手
武器は大学野球界ナンバー1と言われる肩の強さです。
その強肩ぶりに、ソフトバンクの甲斐拓也選手の“甲斐キャノン”になぞらえて“海(かい)キャノン”と呼ばれているとか、いないとか…。

最近は甲斐選手の活躍で、肩の強いキャッチャーの価値が見直されている傾向がありますから、必然的に海野選手の注目度もアップしています。
早速、海野選手がどのような選手か調べてみました。

プロフィール


名前:海野 隆司(うみの たかし)
生年月日:1997年7月15日
出身:岡山県岡山市
身長:172cm
体重:77kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:キャッチャー
経歴:岡山市立平福小学校→岡山市立福浜中学校→関西高校→東海大学

 

小学中学時代

お兄さんの影響で、小学1年生から『福島下町ソフトボール』ソフトボールを始めました。
最初は内野手でしたが、小学6年生の時に、その時の投手のボールを捕れる選手がいなかったことから、キャッチャーに転向しています。

中学時代はヤングリーグの『ファイターズ岡山』の所属。
ファイターズ岡山の1学年上のチームメイトには、高校でも一緒にプレーすることになる小郷裕哉選手(立正大→楽天)がいました。

■小郷裕哉選手についてこちらを↓

小郷裕哉(立正大)ドラフト候補でイケメン!彼女や弟は?中学も!

高校時代(関西高校) 

中学卒業後は、関西高校に進学。
高校ではコーチと二人三脚で“捕ってから速く投げる”ことを徹底し、技術を磨きました。

2年春からレギュラーを獲得すると、2年夏の岡山県大会では7番・キャッチャーとして3年ぶり優勝に貢献しています。

続く甲子園では、初戦で富山商業と対戦。
バッティングでは好投手・森田駿哉投手(現・法政大)の前に3打数0安打に抑えられましたが、守備では盗塁を1つ刺し、強肩ぶりを見せつけました。
試合は1対3で敗れています。
■森田投手についてこちらを↓

森田駿哉(法政大)現在故障は?ドラフト候補の中学高校は?

3年夏の岡山大会では、3回戦で金光学園に2対4で敗れ、2年連続の甲子園出場はなりませんでした。

 

大学時代(東海大学)

高校卒業後は東海大学へと進学。
1年秋からリーグ戦に出場します。

2年春のリーグ戦ではレギュラーとして出場。
2年秋のリーグ戦では控えに回りますが、3年春からは再び正捕手としてチームを引っ張っています。
3年春、秋のリーグ戦連覇を達成し、それぞれで捕手のベストナインのタイトルを受賞しました。

大学日本代表にも3年生から選ばれており、日米大学野球、ハーレム国際野球大会に出場しています。

 

チームメイトの有力選手

大学のチームメイトには、同じくプロ注目の原田泰成投手、藤井健平選手らがいます。
原田投手についてはこちらを↓

原田泰成(東海大)ドラフト候補の父や出身中学高校は?球速球種も!

 プレースタイル

174cm76kgと、小柄なキャッチャーです。
強肩が売りで、二塁送球タイム1秒73大学ナンバー1!
また、ただ肩が強いだけではなく、ボールを取ってから投げるまでも速く、スローイングも正確です。

打撃が課題と言われていますが、3年春のリーグ戦では打率.333をマークし、首位打者を獲得していますので、それほど悪くはなさそうです。

 

海キャノン?

目標の選手は、もちろんソフトバンク・甲斐選手です。
自身は身長173センチ、甲斐選手は170センチと、体格がほぼ同じで、強い憧れを抱いています。
「『すごい』としか言いようがないです。自分も甲斐さんのようになりたいなと思った」
と話しています。

一部のスポーツマスコミでは、海野選手のスローイングのことを“海(かい)キャノン”と呼ばせようとしている節がみられます。
…ですが、本当に“海キャノン”と呼ばれるようになるかは、今後の海野選手の活躍次第といったところです。

これからは呼び名にも注目ですね。

 

■関連記事
2019年ドラフト候補一覧→高校(投手野手)大学社会人(投手野手)

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

プロ野球や大リーグ!サッカーやテニスを見るならDAZN!トライアル1ヶ月無料!

アーカイブ