野球

石岡一野球部の注目選手や監督は?21世紀枠でセンバツ出場!

3月23日開幕第91回選抜高校野球大会
熊本県の熊本西、徳島県の富岡西とともに21世紀枠に選ばれたのが、茨城県の石岡一高校です。

石岡一は農業系の学校で、実習の授業が多く、平日放課後の練習開始時間に全員そろうことはめったにありません。
そんな不利な環境の中で、昨秋の茨城大会ではプロ注目のエース・岩本大地投手を擁して、ベスト4入りを達成。
その功績が認められ、21世紀枠で春夏通じて初の甲子園出場を勝ち取りました。

学校紹介

1910年「新治郡立農学校」として創立されました。
1949年に現在の茨城県立石岡第一高等学校に改称されています。
設置学科は「普通科」「園芸科」「造園科」の3つ。
野球部員49人の約4割が園芸科と造園科に在籍しています。

 

選考理由

・農学校が母体の石岡一は園芸科などがあり、部員全員がそろいにくいハンディキャップを工夫した練習で克服。
・大学進学率などとは違った農業を通じた「新しい形の文武両道を示す可能性がある」などと評価され選出されました。

21世紀枠特別選考委員の作家あさのあつこさんも、選考について
「文武両道の『文』を進学率や点数だけでなく広く多面的に求められる時代を感じた。それにふさわしい学校が選ばれたと思う」
とコメントされています。

 

石岡市

石岡一のある石岡市の名産は地酒で、「関東の灘」とも呼ばれています。
また、筑波山麓では皇室に献上されているイチゴなどの果樹栽培も盛んです。

同市出身のタレントの渡辺直美さん「石岡市観光特使」としてPRに努めています。

 

金足農業が影響?

同じ農業系学科がある高校の野球部として、昨夏の甲子園で準優勝し、“カナノウフィーバー”を巻き起こした金足農業の躍進は、チーム全体でも気になっていたと言います。
「吉田さんというすごいピッチャーがいて、うちにも岩本がいるので少し重なって、甲子園でも応援していました」

今回の21世紀枠の選出には、金足農業の躍進の影響が多少あったようで、日本高野連の竹中雅彦事務局長
「夏に金足農が頑張って、その流れは多少あったのかなという印象はありました」
とコメントされています。

 

注目選手

岩本 大地(3年生)投手特集記事


吉田輝星2世との呼び声も高いプロ注目のピッチャー。

酒井 淳志(3年生)外野手
主将。中学時代は岩本投手とともに全国大会ベスト4を経験。

 

監督

名前:川井 政平
名前:44歳
経歴:竜ヶ崎一高校→國學院大学

現役時代はショート
甲子園にも2度出場し、松井秀喜さんのいた星稜高校とも対戦した。
2009年秋から石岡一の監督に就任