野球

森敬斗(桐蔭学園)進路は大学?ドラフト評価や出身中学や身長も!

桐蔭学園の主将・森敬斗選手。
ポジションはショートで、勝負強いバッテイングが持ち味の選手です。
2年秋の関東大会では、逆転サヨナラを含む3本のホームランを打つなど、MVP級の活躍で優勝に貢献しました。

しかも、森選手は目鼻立ちのくっきりした正統派イケメン!
野球の実力に加え、スター性も兼ね備えた選手です。
センバツではかなりの人気を集めそう!

早速、森選手がどんな選手なのか詳しく調べてみました。

プロフィール


名前:森 敬斗(もり けいと)
生年月日:2002年1月28日
出身:静岡県静岡市
身長:175cm
体重:68kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:内野手(ショート、サード)
経歴:静岡市立清沢小学校→静岡市立藁科中学校→桐蔭学園高校

小中学校

小学3年生から軟式野球を始めました。
中学時代は、『島田ボーイズ』でプレー。
中学3年生の冬には静岡選抜として、台湾遠征を経験しました。

桐蔭学園

中学卒業後は、神奈川県にある桐蔭学園に進学。
1年夏からベンチ入りしています。

1年秋神奈川県大会には2番・ショートで出場。(3回戦敗退)
2年夏北神奈川県大会では、3番・サードで出場し、ベスト8入りを経験しました。

2年秋からは主将に就任しています。
秋の神奈川県大会では、全試合3番・ショートで出場し、準優勝に貢献しました。
続く関東大会では、一回戦の常総学院戦で、逆転サヨナラ満塁ホームランを放ち、7対5で勝利すると、決勝の春日部共栄戦でも2本のホームランを放ち、優勝に輝いています。

各地区の優勝チームが集められた神宮大会では、初戦の筑陽学園戦3打数0安打に終わり、守備でも3つのエラーをするなど精彩を欠いて、大差で敗退しました。

プレースタイル

俊足・強肩・強打3拍子そろったショートです。
高校通算ホームラン8本
8本という数字は少ないように思えますが、2年秋だけで7本と量産しています。
関東大会では3本のホームランを打っていますが、いずれもサヨナラホームラン、先制ホームラン、決勝ホームランと、勝負所で打ったものです。

守備では強肩を生かして、三遊間深い当たりも好スローイングでアウトに仕留めます。
また、50m5秒8と足も速く、小学生の頃から駆けっこでは負けたことがないそうです。

スカウトの評価

■阪神・吉野スカウト
「肩も強いし、長打もある。楽しみな選手」

進路

文武両道な桐蔭学園の選手だけあり、高校卒業後は大学進学が有力と言われています。
最近、桐蔭学園出身でプロ入りした選手も、若林晃弘選手(法政大学→JX-ENEOS→読売) 、齊藤大将投手(明治大→西武) 、茂木栄五郎選手(早稲田大→楽天)、鈴木大地選手(東洋大→ロッテ)と、いずれも大学を経由した選手ばかりです。

個人的には、近年、野手のスター選手があらわれていない東京六大学のどこかの大学に進学して、高校の先輩の高橋由伸さんのような神宮を盛り上げるような選手に成長して、プロへ進んでくれればと思います。

でも、高校3年生での活躍次第では、プロもほっとかないかもしれませんね。

■関連記事
2019年ドラフト候補一覧→高校(投手野手)大学社会人(投手野手)