野球

本多利治監督(春日部共栄)が体罰!センバツ出場は?発覚の経緯も!

2019年春の選抜出場が確実とされる春日部共栄衝撃のニュースが!

本多利治監督が、去年4月の練習試合中に、部員3人に対して平手で頬を叩いたり足を蹴ったりするなどの体罰を行っていたことが発覚しました。
「積極的なバッティングをしなくてはいけないのに、見逃しの三振をしたので気合を入れるためにやった」
と話しているそうですが、これが本当ならば許されることではありませんね。

なぜ去年4月の出来事が、間もなく選抜出場校が発表されるという、このタイミングで明らかになったのか?
など、いろいろ気になる部分もありますが、今回は本多利治監督に絞って調べてみました。

プロフィール


本多 利治(ほんだ としはる)
生年月日:1957年9月30日
出身:高知県四万十市
経歴:高知高校→日本体育大学

就任して、今年で39年目の監督です。
春日部共栄高校が開校したのが1980年ですから、野球部が創部されて以来、ずっと監督をされていることになります。
甲子園には夏5回春2回出場。
1993年夏には土肥義弘投手(元西武)を擁して、準優勝を経験しました。

 

教え子

本格派投手の育成に定評のある監督で、教え子には小林宏之投手(西武)中里篤史投手(元中日)中村勝投手(日本ハム)らがいます。
今年のメンバーにもプロ注目の本格派・村田賢一投手がいますね。

 

学生時代

本多監督自身も、高校時代に甲子園出場経験があります。
2年センバツでは、ベスト8

キャプテンとして臨んだ3年センバツでは、決勝に進出し、原辰徳さんのいた神奈川県代表・東海大相模高校と対戦しています。
試合は延長13回までもつれる熱戦で、見事に優勝を果たしました。

その後、日本体育大学へ進学し、1980年に春日部共栄の開校と同時に野球部監督に就任しています。

 

指導方針

“選手”ではなく、“一人の人間”を育てるという方針の下、『明るく、楽しく、元気よく』が、モットー。
なかなか熱い監督で、過去には「鬼軍曹」というあだ名もあったみたいです。

しかし、ここ数年は指導方法も変化させているようで
「最近は選手の気質がどんどん変わってきた。自分の指導は現代っ子に合ったものなのかを考え、選手との会話を多くすることを心掛け、個性をつぶさないことにも気を配りました」
とインタビューで語られています。

生徒たちからの信頼も厚いようで、60歳の誕生日には、選手たちから還暦カラーかつ春日部共栄カラーの、赤色のTシャツをプレゼントされました。
修学旅行でシンガポールへ行った時には、野球部員全員と、そのTシャツを着てマーライオンの前で記念撮影したそうです。
また、関東大会で活躍した平岡選手は監督について
「選手思いの素晴らしい人であり、一番の親友です」
とインタビューで述べています。

調べていると、今回の一件が起こったことに、
この監督がなぜ!?
という気もしますが、昔は体罰に対して寛容だった時代があり、その頃の名残が思わず出てしまった…という感じではないでしょうか?

 

発覚の経緯

2017年4~5月に、当時の2、3年生が1年生に「うざい」などの暴言を吐いたほか、ミーティング中、2年生が1年生を平手打ちする問題が起こっていたようです。

それを受け、保護者の申し出があり、2017年12月第三者委員会が設置され、生徒から聞き取りを進めていました。
その中で、監督の体罰も判明ようです。

第三者委は昨年12月報告書を学校に提出していました。

 

センバツ出場は?

本多監督と春日部共栄の今後については、すでに日本高校野球連盟県高野連を通じて報告されており、日本学生野球協会審査室2月1日に処分が検討される予定です。

このことに対して、高野連の竹中雅彦事務局長
「指導者の暴力事象とチームは切り離して考える」
「監督の不祥事であり、チームに関し、うんぬんはありません」
とコメントされています。

おそらく、その前に、監督に対しては学校側から何らかの処分が下されると思われます。
選手たちのためにも、出場辞退という最悪の結果だけは避けてほしいですね。