野球

村田賢一(春日部共栄)ドラフト候補の小学中学は?球速や身長も!

春日部共栄エース村田賢一投手
最速146km/h本格派のピッチャーです。
また、打順も4番を打つ強打者でもあります。
春日部共栄の本多監督から
「エースで4番をお前に任せる」
と、絶大な信頼を得ており、センバツでの活躍が楽しみな選手です。

 

プロフィール


名前:村田 賢一(むらた けんいち)
生年月日:2001年8月31日
出身:静岡県三島市
身長:182cm
体重:78kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
家族:両親と弟2人

 

小学生

小学2年生から『浦安ニューラッキーズ』で野球を始めました。
当時から将来性を期待されていたようで、“エースで4番”に育てようと、監督は村田投手には1度も犠打のサインを出さず、マウンドに立てば、1試合で20四球与えても続投させていたそうです。

小学6年生の時には、『ジャイアンツジュニア』に選出されています。
村田投手はピッチャーとして勝負したいと思っていましたが、評価されたのは打撃で、野手としての選出でした。

 

中学生

中学時代『東京城南ボーイズ』でプレー。
『東京城南ボーイズ』は、『江戸川南シニア』松坂大輔投手(現中日)らを指導した、大枝茂明さんが指揮を執っているチームです。

中学入学当時、身長165cm体重68kgで、チームメイトからは「ぶーちゃん」と呼ばれていました。
今では182cm78kgと均整の取れた体格の村田投手にも、そんな時代があったのは意外です。
ちょっと親しみが持てますね。

中学時代も、最初は野手登録でした。
本格的に投手を始めたのは中学2年生からでした。
お父さんの長巳(おさみ)さんは当時を振り返って
「守るところがなくてサードやってみよう。キャッチャーやってみよう。次は外野やってみよう。ファーストやってみようと全てのポジションのグローブを買って、最終的にピッチャーに落ち着きました」
と話されています。

 

春日部共栄高校

中学卒業後は、埼玉県にある春日部共栄高校に進学します。

1年秋公式戦1試合に登板。
しかし、その後は腰痛肩痛などの度重なる怪我により、2年春夏の大会を出場できずに終えています。

2年秋埼玉県大会から復帰すると、エース4番としてチームを引っ張り、関東大会準優勝に大きく貢献しました。

 

プレースタイル

最速146km/h本格派ピッチャーです。
変化球は縦横2種類のスライダー、カーブ、スプリット

スタミナも豊富で、2年秋の埼玉県大会から、関東大会の準決勝までを一人で投げ抜きました

また、バッテイングも得意で、4番を任されている強打者です。
2年秋の関東準々決勝では、プロ注目の好投手・及川雅貴投手(横浜)からホームランを打っています。

 

まとめ

村田投手は父から
「勝つというより有名になれ」
と指導されているようで、本人も
「強豪校を倒して、もっと有名になりたい」
と強い意欲を見せています。

最近の高校生には珍しく野心的でいいですね。
春のセンバツでは活躍して、「村田賢一」の名前を全国に知らしめてほしいですね。

■関連記事
2019年ドラフト候補一覧→高校(投手野手)大学社会人(投手野手)