野球

野口海音(履正社)読み方はみのん!ドラフト候補の中学や身長は?

2019年ドラフト候補高校生キャッチャーには、将来有望な選手がとてもいっぱいいます。
その中で、中学時代から世代トップとして活躍を続けているのが、履正社高校野口海音選手です。

中学時代U-15日本代表主将を務め、U-15ワールドカップでは準優勝に貢献しました。
高校に入っても名門・履正社で1年生からベンチ入り
2年秋からは主将としてチームを引っ張り、近畿大会ベスト4に入って、センバツ出場を確実なものとしています。

 

プロフィール


名前:野口 海音(のぐち みのん)
生年月日:2001年11月6日
出身:大阪府松原市
身長:171cm
体重:79kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:キャッチャー
特技:素潜りで、15メートルは潜れる
経歴:松原市立恵我小学校→松原市立松原第四中学校→履正社高校

 

名前の由来

「海音(みのん)」という名前は、ダイビングのインストラクターを務める父・幸雄さんが命名されました。
野口選手は3人兄弟の末っ子で、長男は万太次男は仁平と、に関する名前が付いています。
お兄さん2人の読み方はわかりませんが、おそらく万太(まんた)、仁平(じんべい)でしょうか?
個人的には、その中なら「海音(みのん)」が一番かっこいいと思いますね。

 

小中学校

小学生から「恵我連合」ソフトボールを始めました。
当時のポジションはピッチャーでした。

中学時代「松原ボーイズ」でプレー。
2年生からキャッチャーに転向すると、翌年には早くもU-15日本代表に選ばれています。
U-15日本代表では主将も務め、及川雅貴投手(現・横浜)らとともに「第3回WBSC U-15ベースボールワールドカップ」準優勝に貢献しました。

 

履正社高校

中学卒業後は
「強い大阪桐蔭に勝って甲子園に行きたい」
との理由で、履正社高校に進学しています。

1年夏大阪府大会から背番号12でベンチ入りを果たすと、準決勝の大阪桐蔭戦代打として初出場を遂げ、ヒットを放ちました。
そして、1年秋にはレギュラーを獲得しています。

2年夏北大阪府大会では、準決勝で大阪桐蔭と対戦。
9回2アウトまで1点リードと大阪桐蔭を追い詰めますが、そこから驚異的な粘りを見せられ逆転負け
甲子園出場はなりませんでした。

2年秋からは主将に就任。
2年秋大阪府大会では、決勝大阪桐蔭を破り優勝しました。
続く近畿大会でもベスト4に入り、春のセンバツ出場をほぼ確実なものとしています。

 

プレースタイル

小柄ながらがっちりした体格キャッチャーです。
中学時代45本のホームランを打っているパワーヒッターで、履正社の岡田龍生監督
「パワーだけなら、高校の時の坂本(誠志郎・現阪神)より上」
と、野口選手のバッティングを高く評価しています。

二塁送球タイム1.8秒、遠投100m肩も強いです。
50m6秒7とまずまず。

 

阿部慎之介

好きな球団は読売巨人軍で、目標とする選手は巨人の阿部慎之介選手です。
「巨人の阿部さんのような打てる捕手を目指したい」
と話しています。

 

まとめ

大阪には大阪桐蔭という強豪校があるため、なかなか甲子園には出られませんでした。
しかし春のセンバツでは、ようやく甲子園に出られそうです!
野口選手は、今年のセンバツでスターになれる可能性を持った選手だと思います。
みなさんもぜひ、履正社の野口海音選手に注目してみてくださいね。

■関連記事
2019年ドラフト候補一覧→高校(投手野手)大学社会人(投手野手)