大学野球

谷川刀麻(近大)ドラフト評価は?プロでも二刀流?身長や小中学校も!

近畿大学ドラフト候補・谷川刀麻選手
星稜高校時代には、小松大谷高校との、球史に残る激闘を2年連続で演じ、注目を集めました。

その頃から、バッティングピッチングの両面でプロから評価されていましたが、大学に入ってからも二刀流を継続中
高校まででしたら、ピッチャーと野手両方でプレーするとことはよくありますが、大学でも二刀流でプレーというのは珍しいですね。
谷川選手が投手野手、どちらでプロに行くのかにも注目です!

 

プロフィール


名前:谷川 刀麻(たにかわ とうま)
生年月日:1998年3月23日
出身:石川県金沢市
身長:176cm
体重:78kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:投手、外野手
経歴:金沢市立押野小学校→星稜中学校→星稜高校→近畿大学

 

小中学校

小学3年生から野球を始めました。

中学時代軟式野球部に所属。
中学3年の夏には、内野手として全国中学校軟式野球大会に出場し、準優勝を経験しました。

 

星稜高校

高校入学後、スローイングのしなやかさを買われて、本格的にピッチャーに挑戦しています

1年春から投手兼外野手としてベンチ入り
1年夏には石川県大会を制して、甲子園出場を果たしています。
しかし甲子園で、谷川選手の出番はありませんでした

1年秋から3番センターレギュラーを獲得。
2年夏石川県大会では打率.409の活躍を見せ、2年連続優勝を達成しました。
続く甲子園ではベスト16入り
谷川選手は野手としては13打数3安打ピッチャーとしてはリリーフで2イニングを投げ、無失点に抑えています。

2年秋からはエースを任されるとともに、主将も就任します。
3年夏石川県大会3試合を投げ、19回1/3を2失点と好投しました。
しかし、準々決勝で敗れ、甲子園出場はなりませんでした

 

小松大谷との激闘

星稜では、高校球史に刻まれている小松大谷高校との激闘を2年連続で経験しました。

2年夏石川県大会・決勝では、9回まで8点リードを奪われていましたが、9回裏に一挙9点を挙げ、逆転サヨナラで勝利
この試合で谷川投手は、3番手3回1/3を無失点と好投し、奇跡の逆転劇を演出しました。

翌3年夏石川県大会では、準々決勝で再び小松大谷と対戦。
今度は9回まで3点リードしていましたが、9回裏に4点を奪われ、サヨナラ負け
最後にマウンドに立っていたのが谷川投手でした。

谷川投手はこの経験から
「諦めず、最後までやり抜くこと」
を学んだと言います。

 

大学時代

1年春リーグ戦から、外野手としてスタメン7試合を経験しています。
1年秋リーグ戦に、ライトでレギュラーの座をつかみました。
しかし、大学生投手のボールに対応できず、規定数に到達してものの、打率は1割4分1厘に終わっています。

その後、1年の冬1日500本とバットを振り込むと、大学レベルのピッチャーも打てるようになり、2年生3年生4シーズン3割以上の打率を残しています。
3年秋には打点王ベストナインを獲得しました。

またピッチャーとしても、大学2年秋から登板しています。
3年春リーグ戦では、初先発初勝利を飾りました。

 

プレースタイル

谷川選手は野球センスに優れています。

野手としては、振り切るスイングが持ち味の好打者タイプ
足も速く、50m6秒0を記録しています。

ピッチャーとしては、最速148km/h
変化球は スライダー、チェンジアップなど。
コントロールもまずまずで、制球に苦しむ場面はあまり見られません。

 

二刀流

大学入学直後は、野手として試合に出ていましたが、1年冬監督に直訴して、二刀流を続けています。
「高校から(二刀流)でずっとやってきたので、大学でも続けたかった。大谷翔平選手が好きなので、影響は多少はあると思います」
とのことです。

3年秋のシーズン肩痛で打者に専念しましたが、現在は野手6・投手4の割合で練習し、毎日投球練習もしていると言います。

“プロでは野手とピッチャー、どちらで行くのか”という質問に対しては
「評価してもらった方で頑張りたい」
と、話しており、プロでは評価された方に絞ってプレーする予定です。

 

スカウトの評価

■中日の米村明チーフアマスカウト
「身体能力が高い」

 

まとめ

野手と投手、どちらでプロ入りするのでしょうね。
個人的には、大学の先輩・糸井嘉男選手(阪神)のような、3拍子そろった外野手になりそうなので、野手で行ってほしい気がします。

果たして、プロの評価はいかに!?
今秋のドラフトが楽しみですね。

 

■関連記事
2019年ドラフト候補一覧→高校(投手野手)大学社会人(投手野手)