小笹椋(東洋大)進路やシューズは?身長や成績や出身中学高校も!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

東洋大学陸上部主将小笹椋選手
大学3年時箱根駅伝では最終10区を走り、区間賞を獲得しています。
イケメンで元々人気があった小笹選手ですが、前回の走りで増々ファンが増えたに違いありませんね。

大学最後の箱根では、青山学院大学を破っての優勝が期待されている東洋大学の主将・小笹選手について調べてみました。

 

プロフィール


名前:小笹 椋(こざさ りょう)
生年月日:1996年11月4日
出身:埼玉県三芳町
身長:168cm
体重:53kg
経歴:三芳町立藤久保中学校→埼玉栄高等学校→東洋大学

 

中学高校

中学生の頃から陸上をやっていて、3年生の時には全国大会への出場経験もあります。

中学卒業後は、埼玉栄高校に進学。
埼玉栄高校は陸上に限らず、さまざまなスポーツに力を入れている学校です。
卒業生には競泳の瀬戸大也選手体操の加藤凌平選手重量挙げの三宅宏実選手など、多くのスポーツ選手がいます。

陸上部の1学年下には、現在、東海大学で陸上をされていて、箱根駅伝にも1年生から出場している館澤亨次選手がいました。
■館澤選手についてはこちらを→館澤亨次(東海大)プロフィール!出身中学高校は?成績記録や性格も!

小笹選手は1年生から主力として活躍。
全国高校駅伝には3年連続で出場しています。
いずれも3区を走り、
高校1年生の時は区間23位
高校2年生の時は区間21位
高校3年生の時は区間6位という成績を残しました。

 

東洋大

高校卒業後は東洋大学経済学部に進学。
大学でも1年生から、同学年の山本修二選手とともに主力として活躍しています。

箱根駅伝にも1年生の時から出場。
1年生の時は4区を走り、区間6位
2年生の時は7区を走り、区間7位
3年生の時は最終10区を走り、区間賞を獲得しました。

4年生からは主将として、チームを引っ張っています。
今年は出雲駅伝2位全日本大学駅伝3位と好成績を残しており、青山学院大学にあと少しで勝てそうところまで来ています。

 

シューズ

小笹選手が履いているシューズは「ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%」です。
厚底が特徴的なこのシューズは、陸上長距離界に革命を起こすと言われているシューズです。

東洋大学の先輩の設楽悠太選手(Honda)もこのシューズを履いて、マラソンの日本記録樹立したほか、同じく東洋大学のOBの服部勇馬選手(トヨタ)も、このシューズで走って今年の福岡国際マラソンで優勝しています。

特に小笹選手は尊敬するアスリートとして服部勇馬選手の名前を挙げており、先輩をリスペクトする意味で同じシューズを履いているのかもしれませんね。

 

進路

現在大学4年生の小笹選手。
気になる進路ですが、大学卒業後は小森コーポレーションで競技を続ける予定です。

小森コーポレーションは2019年のお正月のニューイヤー駅伝に出場しています。
早ければ2020年はニューイヤー駅伝で小笹選手が走る姿を見られるかもしれませんね。

 

まとめ

小笹選手は1年生から箱根を走っています。
1年生は4区、2年生は7区、3年生は10区と、3大会といずれも違う区間でした。

今回はどの区間を走るかわかりませんが、本人は一番力を出せる区間として10区を挙げていたので、できれば今年もアンカーとして10区を走ってほしいですね。
そうなれば、小笹選手がトップでゴールする姿が見られるかもしれません。
イケメンな小笹選手ですから、ゴールテープを切るシーンは絵になると思いますね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロ野球や大リーグ!サッカーやテニスを見るならDAZN!トライアル1ヶ月無料!

アーカイブ