坂東悠汰(法政大)進路は富士通?身長や出身中学高校は?箱根注目!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

もし箱根駅伝を見ていて
「やけに背が高い選手がいるなぁ
と思ったら、おそらくそれは法政大学の4年生・坂東悠汰選手でしょう。
どちらかというと小柄な選手が多い日本の長距離界で、坂東選手は190cm!もあります。
もちろんすごいのは身長だけでなくて、法政大学のエースと呼ばれ、昨年の箱根駅伝では花の2区を任されていました。

 

プロフィール


名前:坂東 悠汰(ばんどう ゆうた)
生年月日:1996年11月21日
出身:兵庫県洲本市
身長:190cm
体重:66kg
経歴:洲本市立五色中学校→津名高校→法政大学

 

津名高校

中学時代は野球部に所属していました。
陸上を始めたのは、高校に入ってからと遅めです。

津名高校の陸上部は、それほど強豪というわけではなく、高校3年間で駅伝の全国大会には1度も出場していません。
それでも坂東選手は、1500mを専門に力を付けて行きました。
高校3年生の時には兵庫県大会優勝し、インターハイ出場を果たしています。

 

法政大学

高校卒業後は、法政大学スポーツ健康学部に進学。
大学では1年生から箱根駅伝に出場しています。

1年時4区を走り、区間15位
2年時1区を走り、区間9位という成績を残しています。
そして昨年は、各チームのエースが集まる2区を任されました。
しかし、結果は区間14位と残念な結果に終わっています。

実はこの時、11月に故障した影響で、万全な体調ではなかったそうです。
法政大学の坪田智夫駅伝監督からは
「チームのエースであることは間違いない」
と絶大な信頼を寄せられており、4年時も2区を任されることは間違いないと思われます。

箱根駅伝の2区の法大記録は、坪田監督が持つ1時間8分16秒です。
坂東選手でしたら、体調さえ万全ならば、この記録を超えられるだけの実力は十分あります。

 

進路

気になるのは、坂東選手の大学卒業後の進路です。
富士通に内定したとの情報もありますが、現在のところ不確定です。
もし、本当に富士通でしたら、大学ナンバー1ランナーと言われている順天堂大学の塩尻和也選手と同僚ということになりますね。

坂東選手はタミナよりもスプリント力に定評のあり、社会人ではマラソンよりもトラック競技を専門とされるのではないでしょうか。

1年目から結果を出せば、東京オリンピックの有力候補になる可能性もあります。
1年目から塩尻選手と切磋琢磨して、記録を伸ばして活躍してほしいですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロ野球や大リーグ!サッカーやテニスを見るならDAZN!トライアル1ヶ月無料!

アーカイブ