弓削隼人(SUBARU→楽天)出身中学/高校/大学は?身長や球速球種も!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

★2018年ドラフト・楽天4位!
その他指名選手はこちら→ドラフト指名選手一覧2018!

2018年ドラフト東北楽天ゴールデンイーグルスから4位指名を受けた弓削隼人投手
193cmの長身で、「和製ランディ・ジョンソン」と呼ばれる大型のサウスポーです。
大卒社会人の即戦力ルーキーとして1年目からの活躍が期待されています。

 

プロフィール


名前:弓削 隼人(ゆげ はやと)
生年月日:1994年4月6日
出身:栃木県佐野市
身長:193cm
体重:105kg
投打:左投げ左打ち
契約金:5000万円
年棒:1000万円。
経歴:佐野市立吉水小学校→佐野市立田沼東中学校→佐野日大高校→日本大学→SUBARU→東北楽天ゴールデンイーグルス

 

小中高

小学生から軟式野球を始めました。
中学時代「佐野シニア」でプレーしています。

中学卒業後は、地元の名門・佐野日大高校に進学。
1年夏膝のケガを経験しましたが、リハビリ期間を経て2年春からベンチ入りしました。

3年夏栃木県大会ではエースとして全4試合に登板し、合計30回2/3を4失点の好成績を残しています。
しかし、チームは準々決勝の宇都宮北高戦延長10回2対3サヨナラ負けを喫し、甲子園出場はなりませんでした。

 

日本大学

高校卒業後は日本大学に進学します。
2年春からリーグ戦に出場。
4年秋のリーグ戦では、2勝0敗、防御率1.93(リーグ2位)の活躍で敢闘賞に輝き、チームの25季ぶりの優勝に貢献しました。

続く明治神宮大会では、初戦の東海大北海道戦で先発しています。
7回表1死までノーヒットに抑える好投を見せ、7回コールド1安打2四死球完封勝ちを挙げました。

大学時代の同期には、京田陽太選手(現・中日)、 木村光彦投手(現・東京ガス)らがいます。

 

SUBARU

SUBARUでは、1年目から公式戦に登板しています。
翌2018年の都市対抗野球では全国大会に出場。
1回戦・王子製紙戦リリーフで登板し、2/3回をノーヒット、1奪三振、無失点に抑えました。

 

プレースタイル

193cm105kgの大型サウスポーです。
ストレートの最速は149km/h
変化球はスライダー、フォーク、カーブ
コントロールはまずまずのようです。

 

スカウトの評価

■東北楽天・沖原佳典スカウト
「あの体は規格外。スケールの大ききピッチャー。打者からしたら嫌なピッチャーで、先発も中継ぎもできると言うことなので非常に楽しみにしています」

 

和製ランディ・ジョンソン

現在のフォームはスリークォーターですが、社会人1年目には高さを活かすためにオーバースローに挑戦したことがありました。
しかし、うまくいかず社会人2年目の4月に元のスリークォーターに戻しています。

その際、何度も動画を見て参考にしていた投手が、ランディ・ジョンソン投手でした。
ランディ・ジョンソン投手と言えば、メジャー左投手で史上最多の5度のサイ・ヤング賞に輝いたとても凄いピッチャーですね。

参考にしたことについて、
「大柄で横から投げる。意識して、参考にさせてもらいました。リリースポイントとか。大きいと上から投げがちだけど、横から手の長さを生かしている。それが自分にはまった」
と話し、このフォーム変更が功を奏して、プロへの道が開けました。

ただ一つ不安な点は、これまでも「和製ランディ・ジョンソン」と呼ばれたピッチャーは何人かいましたが、プロで成功したピッチャーはほとんどいません。
ぜひ、弓削投手にはこのジンクスを打ち破って、日本を代表するスケールの大きなピッチャーへと成長していってほしいですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロ野球や大リーグ!サッカーやテニスを見るならDAZN!トライアル1ヶ月無料!

アーカイブ