山中亮輔(マリノス)日本代表の彼女やプレースタイルや年棒は?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

横浜マリノスのサイドバック・山中亮輔選手
2018年11月20日キリンチャレンジカップ・キルギス戦スタメンとして代表デビューを果たすと、開始2分でいきなりゴールを挙げて注目を集めました。
もちろん、代表デビューから2分での初得点は、日本代表史上最速です!

森保日本代表へのアピールも十分で、今後も継続して代表に選ばれそうです。

 

プロフィール


名前:山中 亮輔(やまなか りょうすけ)
生年月日:1993年4月20日
出身:千葉県柏市
身長:171cm
体重:65kg
ポジション:左SB、左SH、左WB、左WG
利き足:左
経歴:柏市立柏第五小学校→柏市立柏第二中学校→千葉県立柏南高等学校→柏レイソル→ジェフユナイテッド市原・千葉 (期限付き移籍)→横浜F・マリノス

 

サッカー歴

兄の影響6歳からサッカーを始めました。

小学4年生の時に、柏レイソルの下部組織に入団しています。
その後、中学時代「柏レイソルU-15」高校時代「柏レイソルU-18」と順調に昇格しました。
そして、高校1年の2月には、早くもトップチームに2種登録されています。(試合出場はなし)

高校卒業後は、正式に柏レイソルで入団。
J1最終節の鹿島アントラーズ戦公式戦初出場を果たしました。

その後は、
2014年J2・ジェフユナイテッド市原・千葉に1年間の期限付き移籍
2015年、柏レイソルに復帰。
2017年からは、横浜F・マリノス完全移籍して、現在までプレーしています。

 

年俸推移

2015年 (22歳) 柏レイソル 700万円
2016年 (23歳) 柏レイソル 800万円
2017年 (24歳) 横浜F・マリノス 3000万円
2018年 (24歳) 横浜F・マリノス 3000万円

来年はさらに上がりそうですね!

 

日本代表

高校生の頃から年代別の日本代表常連です。
リオオリンピックの予選ではレギュラーとして活躍し、本大会でのメンバー入りも確実と言われていました。
しかし、2016年の5月に行われた川崎フロンターレ戦の試合終了間際に負傷し、離脱
残念ながら、オリンピック本戦の最終メンバーからは落選となってしまいました。

 

プレースタイル

積極果敢な攻撃が持ち味の超攻撃的サイドバックです。
スピード、スタミナも十分な他、最近では得点能力もあがってきています。
これまで、プロ6年間で5ゴールでしたが、2018年シーズンだけで4ゴールを挙げています。

このあたりを評価して森保監督は、山中選手を日本代表に選んだのではないでしょうか?

また、フリーキックも得意です。
最近の日本代表は、フリーキックが得意な人が少ないので、この点でも有利ではないのでしょうか。

 

彼女は?

彼女のことが気になっている方も多いのではないでしょうか?
調べましたが、特に情報は見つけられませんでした。

けど、結婚の早いサッカー選手は多いですし、日本代表での飛躍をきっかけに、入籍発表!なんてこともあるかもしれませんね。

 

まとめ

長年、日本代表の左サイドバックを務めてきた長友佑都選手も、もう32歳です。
そろそろ世代交代が必要な時期なのではないでしょうか?
日本代表の新しい左サイドバックに定着するのは、山中選手になるのかもしれません!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロ野球や大リーグ!サッカーやテニスを見るならDAZN!トライアル1ヶ月無料!

アーカイブ