社会人野球

河野竜生(JFE西日本)ドラフト候補の彼女や兄父は?球速や身長も!

JFE西日本ドラフト候補河野竜生投手
174cm小柄のサウスポーですが、高校時代は夏の甲子園3回出場し、3年夏にはベスト8にも入っているピッチャーです。
社会人に進んでからも、2年目の社会人野球日本選手権2試合完封勝利を記録するなど、プロからの評価も急上昇中!
このまま行けば、2019年ドラフトの目玉になるかも!?

今回はそんな河野竜生投手についてまとめてみました。

 


名前:河野 竜生(かわの りゅうせい)
生年月日:1998年5月30日
出身:徳島県鳴門市
身長:174cm
体重:81kg
投打:左投げ左打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:鳴門市立林崎小学校→鳴門市第二中学校→鳴門高校→JFE西日本

 

小学生から「林崎スポーツ少年団野球部」で野球を始めました。
中学時代軟式野球部でプレーしています。

 

○兄
3歳上の兄・祐斗選手は、鳴門高校が2013年夏に板東湧梧投手(現・ソフトバンク)を擁して、63年ぶりのベスト8進出を果たした時の主将でした。
3拍子そろった内野手で、明治大学を卒業し、現在は日立製作所で野球を続けています。
兄弟そろってのプロ入りも十分あり得るレベルの選手です。

河野投手は、鳴門高校が63年ぶりに進んだ準々決勝の試合を、甲子園のアルプス席で観戦して、
「このチームで兄のように甲子園で活躍する」
と同校への進学を決意しました。

 

○鳴門高校
1年夏の徳島県大会から主戦格として登板しています。
5試合中4試合で投げ、優勝に貢献。
続く甲子園では、初戦・近江戦先発を務めますが、4回8安打と振わず5失点KOで敗れました。

1年秋からは背番号1を付け、エースとしてチームを引っ張ります。
2年夏の徳島県大会では、24回23奪三振2失点の好投で2年連続の優勝を達成しました。
甲子園では初戦の九州国際大付戦先発し、富山凌雅投手(現・オリックス)と投げ合っています。
しかし、5回1/3を7失点で、昨年に引き続き初戦で敗れました。

3年夏も、徳島県大会を勝ち抜きの甲子園に出場
甲子園では、開幕戦の佐久長聖戦先発しています。
この“1年夏から3年連続で先発する”というのは、長い甲子園の歴史の中でも、史上5人目となる快挙でした。

過去2年、甲子園では勝てなかった河野投手でしたが、初戦を3対2で勝利を収めると、勢いに乗り、勝ち進みます。
準々決勝で、西浦颯大選手(現・オリックス)のいた明徳義塾に敗れはしましたが、兄・祐斗選手と同じく、甲子園ベスト8を成し遂げました。

河野投手の高校時代のチームメイトには、中山晶量投手(現・明治大学)らがいます。

 

○JFE西日本
高校卒業後は、JFE西日本に入社します。
高卒1年目から先発・リリーフ両方で活躍。
7月の都市対抗野球には、三菱広島補強選手として出場しました。

2年目の社会人野球日本選手権では、2試合完封勝利を収めています。

 

○プレースタイル
身長174cmと、小柄なサウスポーです。
ストレートの最速は145km/h
変化球はスライダー、ツーシーム、チェンジアップ、カーブなど。

 

○父
父・幸政さんも、高校時代は野球をされていました。
徳島県の強豪・生光学園高校でショートとして活躍。
しかし、当時の徳島は蔦文也監督率いる池田高校の全盛期で、甲子園出場は叶いませんでした。

 

○彼女
将来有望な河野投手!
彼女の存在が気になりますね!
調べましたが……情報は見つけられませんでした。

けど、イケメンですし、いるような気がしますよねー。



○まとめ
お父さんは甲子園出場はなりませんでしたが、2人の息子はいずれも、甲子園ベスト8を達成しています。
きっと自分のことのように喜んでくれたのではないでしょうか。

次はプロの世界で活躍して、もっとお父さんを喜ばせてあげてほしいですね。

 

■関連記事
2019年ドラフト候補一覧→高校(投手野手)大学社会人(投手野手)