野球

神宮大会2018(高校)組み合わせや注目選手!無料中継や日程も!

高校野球のシーズン最後を飾る明治神宮大会
今年も、各地区を勝ち抜いた10の高校によって争われます。

優勝チームのある地区は、来年の選抜高等学校野球大会出場枠(神宮大会枠)が1つ多くなります。
選抜出場が微妙な大阪桐蔭創志学園などのチームは、自分の地区に優勝してほしいと思っているのではないでしょか?

 

○日程
2018年11/9(金)~11/13(火)

 

○出場校
札幌大谷(北海道代表)
八戸学院光星(東北地区代表)
星稜(北信越地区代表)
国士舘(東京都代表)
桐蔭学園(関東地区代表)
龍谷大平安(近畿地区代表)
東邦(東海地区代表)
広陵(中国地区代表)
高松商業(四国地区代表)
筑陽学園(九州地区代表)

 

○組み合わせ(トーナメント表HP

 

〇中継
テレビ中継は、スカイAチャンネルにて放送されます。
スカイAの放送日程はこちら

その他、ネットでもバーチャル高校野球にて無料中継もされます。
こちらでは、ダイジェスト動画や、ハイライト動画、試合開始から終了までを収めたまるごと動画も配信されます。
詳しくはこちら

 

○注目選手
八戸学院光星
・武岡龍世/内野手/2年生
坂本2世と呼ばれる走攻守の3拍子揃ったショート。

桐蔭学園
・森敬斗/内野手/2年生
関東大会でサヨナラ満塁ホームラン含む3本のホームランを放った。

星稜
・奥川恭伸/投手/2年生特集記事
最速150km/hを投げる2019年のドラフト1位候補。
2年生で唯一U-18日本代表に選ばれた。
北信越大会・1回戦では先頭打者から10者連続三振を記録。

・山瀬慎之助/捕手/2年生
小学生の頃から奥川投手とバッテリーを組み、中学時代には日本一を経験。

・東海林航介/内野手兼外野手/2年生
俊足巧打の内野手。

・内山壮真/内野手兼捕手/1年生
1年生からショートのレギュラーでクリーンナップを打つ。

・寺西成騎/投手/1年生
身長186cmの本格派。兄・寺西健(専修大学)も星稜出身。

東邦
・石川昂弥/内野手/2年生→特集記事
世代を代表する強打者。ピッチャーにも挑戦中。

・熊田任洋/内野手/2年生
俊足好打好守のショート。

龍谷大平安
・水谷祥平/外野手/2年生
キャプテンで4番を打つチームの中心。

・奥村真大/内野手/1年生
兄はヤクルトの奥村展征選手。1年生でクリーンナップを打つ強打者。

広陵
・河野佳/投手/2年生
最速148km/hのエース。

高松商業
・香川卓摩/投手/2年生
最速140km/hの四国を代表するサウスポー。

筑陽学園
・福岡大真/外野手/2年生
父は1994年夏の甲子園で準優勝した樟南のエース・福岡真一郎投手。

・中村敢晴/内野手/1年生
兄は今年のドラフトでソフトバンクに育成指名された中村宜聖選手(西日本短大附属)、父は日本文理大学の監督・中村寿博さんという野球一家。

 

■関連記事
2019年ドラフト候補一覧→高校(投手野手)大学社会人(投手野手)