野球

玉村欣梧捕手は巨人の育成?ドラフト候補の出身中学高校は?

履正社スポーツ専門学校ドラフト候補玉村欣梧選手
強肩強打キャッチャーです。
野球選手の経歴としては珍しい、スポーツ専門学校で元プロから直接指導を受け、ドラフト候補に名前が挙がるまでに成長しました。

 


名前:玉村 欣梧(たまむら きんご)
生年月日:1996年11月30日
出身:大阪府泉佐野市
身長:172cm
体重:90kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:キャッチャー
経歴:泉佐野市立日新小学校→大阪体育大学附属中学校(現・大阪体育大学浪商中学校)→大阪体育大学浪商高校→履正社スポーツ専門学校

 

小学4年生から「佐野レッドスターズ」で野球を始めました。
中学時代野球部でプレーしています。

 

○大阪体育大学浪商
高校では2年秋からベンチ入りしています。
3年夏の大阪大会には4番・キャッチャーとして出場し、19打数9安打、打率.474、2本塁打の活躍で、ベスト8入りを貢献しました。

 

○履正社スポーツ専門学校とは?
高校卒業後、1度は別の専門学校へ入学したものの、環境が合わず、2017年から「履正社スポーツ専門学校」でプレーしています。

履正社スポーツ専門学校とは、医療分野やスポーツ分野で社会貢献ができる人材の育成を目的とした専門学校です。
スポーツ学科や鍼灸学科、柔道整復学科、理学療法学科などがあり、玉村選手の所属するスポーツ学科の野球コースの場合、午前8時半から午後4時ごろまで、平日は毎日、学校で野球漬け。
指導陣も豪華で、元阪神の岩田徹亀山努らが指導されています。

玉村選手は
「岩田さんには配球や捕ってからのスピードについて教えてもらい、亀山さんからはバッティングの指導をしてもらいました」
とプロからの直接の指導で、レベルアップを果たしました。
元プロ野球選手から直接教わるとことができる環境というのはすばらしいですね。 

過去の卒業生には、2016年に楽天に育成4位で指名された木村敏靖投手がいます。
もし、玉村選手が指名されれば、2人目のプロ野球選手ということになりますね。

 

○プレースタイル
172cmと小柄ですが、90kgの堂々した体格のキャッチャーです。
入学後の筋トレで14kgの体重増を果たし、ドラフト候補として注目される存在に浮上しました。

遠投105メートルの強肩と、高校通算30本塁打長打力が武器。
思い切りの良いバッティングで、大体大浪商高時代は4番打者として活躍しました。

50m6秒3

 

○まとめ
玉村選手の進路に関してですが、巨人の入団テストを受けたという情報があり、育成指名が噂されています。
果たして、本当に指名はあるのでしょうか。
ドラフトの結果は如何に!?