坂井翔太(中越)ドラフト候補の出身中学や兄は?成績や身長も!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

今年のドラフトでは、高校生ショートにすばらしい選手がたくさんいます。
ドラフト1位候補根尾昂選手(大阪桐蔭)小園海斗選手(報徳学園)はもちろん、中位から下位で指名されそうな選手にも、新保利於選手(瀬戸内)、中神拓都選手(市立岐阜商) 、藤田希和選手(福知山成美)、坂井翔太選手(中越)など、将来が楽しみな選手がそろっています。

今回はその中から、中越高校の坂井翔太選手について調べてみました。
3拍子揃ったプロ注目のショートです。
また、ピッチャーとして140km/h超を計測するなど、高い身体能力を持っています。

 


名前:坂井 翔太(さかい しょうた)
生年月日:2000年11月25日
出身:新潟県新発田市
身長:176cm
体重:73kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ショート、ピッチャー
好きな選手:アンデルトン・シモンズ選手(MLBエンゼルス)
経歴:新発田市立紫雲寺小学校→新発田市立紫雲寺中学校→中越高校

 

小学2年生から1つ上のお兄さんとともに野球を始めました。
中学時代は「新発田シニア」でプレー。
中学3年の春には全国大会に出場しています。

 

○中越高校
中学卒業後は、兄も進学していた中越高校に進みます。
1年生の夏に中越高校は甲子園に出場していますが、坂井選手はベンチ外で、スタンドから2年生ながら3番・ライトで出場した兄・琢真選手(現・新潟医療福祉大)に声援を送っていました。

1年の秋の新潟県大会からベンチ入りすると、3回戦からはショートのスタメンとして出場しています。

2年夏の新潟県大会では、4番の兄と3、4番コンビを組み、勝ち進みましたが、決勝で日本文理に4-6で敗れ、兄弟での甲子園出場はなりませんでした。

それでも、翌3年夏の新潟県大会では、打率.417、ホームラン1本、打点11の大活躍で優勝に貢献しています。
続く甲子園では、初戦で慶應義塾と対戦。
坂井選手はダイビングキャッチを見せるなど守備で魅せますが、打撃では3番を務めるも3の0と不発に終わり、チームも2対3のサヨナラで敗れました。

 

○プレースタイル
強肩強打のプロ注目のショートです。
振り切るスイングから広角に長打を放つことができます。

最も評価されているのが守備です。
軽快なフットワークスムーズなグラブさばきで、甲子園の慶応戦でも再三、ファインプレーを披露し、スタンドを沸かせていました。

その他の情報としましては
50m6秒台前半。
・握力は左右ともに58キロ
・肩も強くピッチャーとして140km/h超を計測。

中越の本田仁哉監督は坂井選手のことを
「自分が指導した中ではNO・1の野手」
と高く評価しています。

 

○まとめ
坂井選手は、12球団すべてOKで、育成指名でも受け入れる構えです。
今年は高校生のショートにいい選手が多いので、指名があるかは微妙なところですが、なんとか、指名を勝ち取ってもらって、プロで活躍するところを見せてほしいですね。

 

プロ志望提出選手はこちら
プロ志望届2018(高校/大学)提出者一覧!期限や上位指名候補は?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロ野球や大リーグ!サッカーやテニスを見るならDAZN!トライアル1ヶ月無料!

アーカイブ