大学野球

若山蒼人(中部学院大)ドラフトは広島?身長や球速や中学高校は?

中部学院大学ドラフト候補若山蒼人投手
身長188cmでアンダースローのピッチャーです。

長身アンダースローのピッチャーと言えば、昨年のドラフトでソフトバンクに2位で入団した高橋礼投手(身長188cm)がいます。
日本代表にまで選ばれた高橋投手の活躍をみれば、うちのチームにもアンダースローが欲しい! と思う球団が出てきてもおかしくありませんね。
もっとも、高橋投手は最速142km/hとアンダースローとしては速球派と言ってもいいタイプですが、若山投手は最速130km/hほど技巧派と、同じアンダースローでもかなりタイプが違います。

 


名前:若山 蒼人(わかやま あおと)
生年月日:1996年7月27日
出身:広島県広島市
身長:188cm
体重:85kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:広島市立戸坂小学校→広島市立祇園東中学校→崇徳高校→中部学院大学

 

小学生の時に「広島ジャガーズ」で硬式野球を始めました。
中学時代軟式野球部に所属しています。

 

○崇徳高校
高校は広島の名門・崇徳高校に進学。

高校時代の若山投手は、3年間通じて控え投手で、全く無名のピッチャーでした。
3年夏の広島県大会では、4回戦の如水館戦で、8回裏二死2塁から4番手としてリリーフで登板し、1/3イニングをノーヒット、1敬遠、無失点に抑えますが、チームは4対9で敗れ、甲子園出場はなりませんでした

 

○中部学院大学
高卒業後、中部学院大学に進学します。
大学入学当初はオーバーハンドやサイドハンドで投げていましたが、登板機会に恵まれませんでした

大学2年の夏に中部学院大の原克隆監督
「身長があるし、指先の感覚がよい選手なので、アンダースローでもおもしろいと思った」
という考えから、腕を下げるよう勧められたのがきっかけで、アンダースローに転向します。
すると、このアンダースローへの転向が大成功!!
2年秋リリーフとしてリーグ戦に初出場を果たすと、4年春先発1番手の座を獲得し、防御率防1.42最優秀投手のタイトルを受賞しました。

 

○プレースタイル
手足の長い長身のアンダースローのピッチャーです。
ストレートの最速134km/hですが、アンダースロー特有の浮き上がるような真っすぐで打者を打ち取ります。

変化球はスライダー、カーブ、カットボール、ツーシーム
特に、浮いて曲がる独特の軌道を持つスライダーは大きな武器となっています。

 

○スカウトの評価
■広島・松山有史スカウト
校の崇徳高出身の選手ですが、高校のときに見た記憶がありません。それでも大学でアンダースローにしてプロ注目選手になるのだから大したもの。背が高くて手足が長く、球持ちがいい。浮いてくるような球を投げる本物のアンダースローで、プロで見てみたい選手です」

 

○まとめ
若山投手の所属する中部学院大学といえば、広島カープの野間峻祥選手、床田寛樹投手、平岡敬人投手の出身校です。
さらに若山投手は広島出身!
となると、これはもう広島が指名するしかありませんね!

まぁ実際には、そんな単純なことで指名するか、しないか、決められるもんではないでしょうが…。
果たして、若山投手はどこの球団に指名されるんでしょうか?

 

プロ志望提出選手はこちら
プロ志望届2018(高校/大学)提出者一覧!期限や上位指名候補は?