尾田恭平(大阪商業大)ドラフト候補の球速球種や身長や出身高校は?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

大阪商業大学ドラフト候補尾田恭平投手
身長168cmと小柄ですが、コントロールに優れたプロ注目のサウスポーです。
高校生の時には岡本和真選手(現・巨人)とともに、春夏連続で甲子園に出場しました。

 


名前:尾田 恭平(おだ きょうへい)
出身:奈良県
身長:168cm
体重:65kg
投打:左投げ左打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:智辯学園高校→大阪商業大学

 

3歳年上の兄が野球をやっていた影響で、「曽大根ベースボールクラブ」軟式野球を始めました。

本来は左利きですが、野球を始めた直後は、兄が右利きで、家にあったお下がりのグラブが右利き用だったことや、右利きの方が守れるポジションが多いという理由で、右投げでプレーしていました。
しかし、利き手ではないため、投げることが思うように上手くならなかったため、小学2年生の後半くらいに親とも話し合って、左投げに変更しました。

小学3年生からピッチャーとしてプレーし、以後、ピッチャー一筋です。

中学時代は、「香芝ボーイズ」でプレーしていました。

 

○智辯学園
高校は、智辯学園高校に進学しています。
智辯学園を選んだ理由は、憧れの存在だった2学年上の青山大紀投手(現・オリックス)と、中道勝士選手(元・オリックス)がいるチームだから、というのが大きかったそうです。

高校では1年夏からベンチ入りしています。
2年秋からはエースに抜擢されました。
秋季奈良県大会優勝し、続く近畿大会でもベスト8入りを果たしています。

3年春センバツは、田嶋大樹投手(現・オリックス)のいた佐野日大に敗れ、2回戦敗退
3年夏の奈良県大会でも優勝し、2季連続の甲子園出場を果たしています。
甲子園では、岸潤一郎投手(現・徳島インディゴソックス)のいた明徳義塾に敗れ、初戦敗退に終わりました。

 

○大阪商業大学
高校卒業後は、大阪商業大学に進学します。

2年秋のリーグ戦では防御率1.91、6勝0敗という好成績を残し、2季ぶり10回目の優勝に貢献。
個人でも、最優秀投手、担当記者クラブ賞、ベストナイン(投手)、新人賞を受賞しました。

さらに3年秋のリーグ戦でも4勝0敗最優秀投手、ベストナイン(投手)を受賞と、安定した活躍を続けています。

大学のチームメイトには尾田投手と同じく今年のドラフト候補太田光選手滝野要選手がいます。
■太田選手についてはこちら→太田光(大阪商業)ドラフト評価は?兄や出身中学高校や成績も!
■滝野選手についてはこちら→滝野要(大阪商業大)ドラフト候補の中学高校は?成績や身長体重も!

 

○プレースタイル
身長168cmと小柄なスリークウォーター左腕です。
ストレートの最速は141km/hですが、球速表示以上の威力があります。
変化球はスライダー、ツーシーム、カーブ、フォーク。

また、コントロールに優れていて、
「球威がない分、コースを間違えない」
を信条?としたピッチングが持ち味です。

 

○まとめ
身長は低い尾田投手ですが、ストレートに威力があり、またコントロールも良ので、プロでは、ヤクルトの石川雅規投手のような、勝てるピッチャーになりそうです。

巨人の4番・岡本選手高校以来のチームメイトなんてことになったら盛り上がりそうですね。

 

プロ志望提出選手はこちら
プロ志望届2018(高校/大学)提出者一覧!期限や上位指名候補は?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロ野球や大リーグ!サッカーやテニスを見るならDAZN!トライアル1ヶ月無料!

アーカイブ