原澤健人(SUBARU)ドラフト候補はハーフ?父や中学高校大学は?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

2019年のドラフト候補原澤健人選手
社会人1年目から、プロとアマの混成チームであるU-23日本代表』に選ばれるほどの強打の内野手です。

原澤選手には
・芯に当たったら内野手がけがをする?
・外野4人シフト
・落合博満2世!?
など、強打者ぶりを表すエピソードが数多くあります。
どのような選手なのか、まとめてみました。

 


名前:原澤 健人(はらさわ けんと)
生年月日:1995年11月2日
出身:群馬県北群馬郡吉岡町
身長:183cm
体重:96kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:サード
経歴:吉岡町立明治小学校→吉岡町立吉岡中学校→前橋工業→東洋大学→SUBARU

 

○父親
原澤選手は、オーストラリア人の父親を持つハーフです。
父親のトーマス・ジェイソンさんは昔、ラグビー選手でした。
原澤選手の大きな体は、父親から受け継いだものなんでしょうね。

父親の影響で、幼い頃はラグビーをしていました。

 

○前橋工業
テレビのプロ野球を見て興味を持ち、小学3年から野球を始めました。
中学時代は軟式野球部でプレーしていました。

高校は前橋工業に進学します。
1年秋からファーストでレギュラーを獲得。
2年秋の新チームからキャプテンを務め、ポジションもサードに移りました。

2年生の冬には、体幹や腹筋を鍛え体重を7kg増やす肉体改造を行なっています。
その結果、3年春からホームランを量産。
打球がすさまじく、前橋工業の五十嵐卓也監督
「芯に当たったら内野手がけがをしますよ」
と言うほどでした。

3年夏の群馬県大会では、2回戦・明和県央との試合で、推定飛距離140mの場外ホームランを打つと、続く3回戦・高崎東との試合でも、2本のホームランを打っています。

準々決勝では強豪・健大高崎と対戦。
長打力を警戒した健大高崎がとった作戦は、サードが外野に回るという「外野4人シフト」でした。

日本ハムの清宮選手も、早稲田実業時代に外野4人シフトを敷かれていましたが、原澤選手も同じレベルの選手ということでしょうかね?

この試合ではホームランこそ出ませんでしたが、シフトを物ともせず、5打数3安打1打点と活躍し、勝利に貢献しています。

チームとしては、準決勝で東農大二に敗れ、甲子園出場はなりませんでしたが、3年夏の活躍で、原澤選手の名前は広く知れ渡ることになりました。

 

○東洋大学
高校卒業後は、東洋大学に進学。

当時の東洋大学の監督・高橋昭雄さんは、原澤選手のことを
「落合2世(東洋大中退)。早いうちに主軸に据えたい」
と高く評価し、1年春からファーストでレギュラーとして起用しました。
原澤選手も期待に応え、打率297、打点8と活躍しています。

しかし、その後のシーズンは伸び悩み、出場試合数を減らしました
大学4年秋のリーグ戦後半で、ようやく指名打者としてレギュラー復帰すると、13打数6安打2本塁打と好成績を残しています。
チームが優勝して臨んだ明治神宮大会でも、大会史上8人目の1試合2本のホームランを打ちました。

 

○SUBARU
大学卒業後は、SUBARUに入社。
1年目からレギュラーを獲得しました。
秋には、プロとアマの混成チームとなる『U-23日本代表』に選ばれています。

 

○プレースタイル
183cm96kgと、ガッチリした体格の三塁手です。
140m級の打球を飛ばすパワーが魅力です。

遠投95m50mは6秒9

 

○まとめ
原澤選手にはドラフトで指名されてプロ入りしてほしいですね。
プロでもホームラン王を狙えるぐらいの可能性を持った選手だと思います。

 

■関連記事
2019年ドラフト候補一覧→高校(投手野手)大学社会人(投手野手)

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロ野球や大リーグ!サッカーやテニスを見るならDAZN!トライアル1ヶ月無料!

アーカイブ