大学野球

平山快(東海大学→JFE東日本)ドラフト候補は枚方ボーイズ出身!中学高校も!

追記:社会人野球・JFE東日本へと進みました。

追記:プロ志望届を提出しました。
その他、提出選手はこちら
プロ志望届2018(高校/大学)提出者一覧!期限や上位指名候補は?

 

東海大学のドラフト候補・平山快選手。
首都大学リーグを代表する強打の内野手です。
東海大相模時代は4番打者として活躍し、神奈川県を制して甲子園にも出場しました。

 


名前:平山 快(ひらやま かい)
生年月日:1996年4月28日
出身:京都府精華町
身長:182cm
体重:88kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:一塁手、三塁手
経歴:精華町立精華西中学校→東海大相模高校→東海大学

 

中学時代、平山選手は大阪の「オール枚方ボーイズ」でプレーしていました。
京都に住んでいながら大阪のチームに所属していたことに少し驚きましたが、調べてみると、平山選手が住んでいた精華町は京都府ですが、大阪の枚方市まで2kmほどしか離れておらず、十分通える距離でしたね。

 

○東海大相模
中学卒業後は、神奈川の東海大相模高校に進学します。
2年秋から4番・ファーストレギュラーを獲得。
さらに、キャプテンにも就任し、チームを引っ張りました。

翌3年春からはサードにポジションを移し、3年夏の神奈川県大会では、全7試合4番でスタメン出場。
28打数14安打、打率.500、ホームラン1本、打点5の好成績を残し、4年ぶりの県大会優勝に貢献しています。

続く甲子園では、初戦で盛岡大附と対戦。
平山選手は松本裕樹投手(現・ソフトバンク)から2安打をマークしましたが、チームは3-4で惜しくも敗れました。

チームメイトの同期には、青島凌也投手(現・東海大学)、1学年下には吉田凌投手(現・オリックス)、小笠原慎之介投手(現・中日)らがいました。
■青島投手についてはこちらを→青島凌也(東海大)ドラフトは中日?ドラ1候補の評価は?完全試合の逸材!

 

○東海大学
高校卒業後は、系列の東海大学に進学します。
1年秋からリーグ戦に出場。
2年秋には打率.452を打ち、首位打者ベストナインを受賞しています。

3年春からは4番を担い、最終学年からは高校に続いてキャプテンを務めています。

 

○プレースタイル
広角に長打を打てる右の強打者です。
本人も
「飛ばすに関しては、負けたくないというのはあります」
と言っているように、長打力が魅力で、高校通算で37本のホームラン、大学でも4年春のリーグ終了時点9本のホームランを打っています。

また、高校、大学と主将を務めているキャプテンシーも魅力の一つです。

 

○まとめ
平山選手は、高校の1学年下のオリックス・吉田凌投手、中日・小笠原投手と
「大きな舞台で対戦したいです」
と、プロでの対戦を熱望しています。

ただ、長打力もありアベレージも残せる平山選手ですが、現在はファーストを守ることも多く、プロ側の評価は難しいところもある選手です。

それでもなんとかプロ入りを果たして、吉田凌投手&小笠原投手と対戦してほしいですね。