中神拓都(市岐阜商)のドラフト評価や成績!出身中学や身長体重は?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

今年の岐阜県出身の高校球児には、大阪桐蔭の根尾昂選手、木更津総合の野尻幸輝選手、市岐阜商業の中神拓都選手と、3人の高校トップクラスの選手がいます。
そしてこの3人は、いずれも投手としても野手としても優れている、二刀流の選手です。

今回はその中から、唯一岐阜県内の高校でプレーしている中神拓都選手についてまとめてみました。

 


名前:中神 拓都(なかがみ たくと)
出身:岐阜県岐阜市
身長:175cm
体重:85kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:ショート、ピッチャー
経歴:岐阜市立長森南小学校→岐阜市立長森南中学校→岐阜市立岐阜商業高校

 

中神選手は、小学1年生から野球を始めました。

中学時代は、軟式野球の「岐阜フェニックス」でプレー。
中学2年の夏には全国大会でベスト4を経験しています。

中神選手の同学年には、大阪の高校に進学した根尾選手や、千葉の高校に進学した野尻選手のように、県外の強豪に進学している人が多くいました。
中神選手も、県外の高いレベルの中でプレーしたいと考えた時期もあったそうです。
それでも、
「中学くらいまで市立岐阜商の試合を見ていたということもありますが、地元の強い公立校で甲子園を目指したい」
と思い、地元の岐阜市立岐阜商業高校に進学しました。

 

○市岐阜商
高校では、1年夏からショートでレギュラーを獲得
1年夏の岐阜県大会では全5試合に主に7番打者として臨み、17打数で5安打、打率.294点2の成績を残し、ベスト4入りに貢献しました。
同年秋の岐阜県大会からは、投手兼任でチームを引っ張っています。

2年夏の岐阜県大会も昨年と同じベスト4
2年秋の新チームからはキャプテンを務めるようになります。
秋の岐阜県大会でもベスト4でした。

2年生の12月には、岐阜県選抜チーム入りを果たし、台湾遠征を経験。
この時は、4番・ファーストで試合に出ていました。

3年夏の岐阜大会では、5試合中4試合に登板、内3試合に先発として頑張りましたが、今年もベスト4敗退で、甲子園出場はなりませんでした。

 

○プレースタイル
強肩強打ショート兼ピッチャーです。
ピッチャーとしては最速146km/hのストレートを投げます。
野手としても、高校通算46本のホームランを打っています。

特に凄いのが、46本のうち、多くが逆方向(ライト)へのホームランというところです。
逆方向にホームランを打つには、パワーだけではなく高いバッティング技術もいりますので、中神選手の野球センスの高さがうかがい知れますね。

50m5秒9、遠投115メートル。

 

○理想の選手
目標とする選手は、投手ではソフトバンクホークスの五十嵐亮太投手です。
五十嵐投手のような、相手に向かっていく強気なピッチングを理想としています。

また野手では、同じくソフトバンクの内川聖一選手です。
同じ右打者として、内川選手のコースに応じた基本的なバッティング”が理想だと思っているそうです。

 

○スカウトの評価
日本ハム・熊崎スカウト
「足と肩があり、今日のようにいいところで打つ勝負強さもある。野手として、素材がいい」

 

○まとめ
中神選手はおそらく、プロでは野手としてやっていくものと思われます。
逆方向にホームランを打つ技術は、高校生ではトップレベルです。
意外と早く一軍でプレーする姿が見られるのではないでしょうか。

 

プロ志望提出選手はこちら
プロ志望届2018(高校/大学)提出者一覧!期限や上位指名候補は?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ