プロ野球

牧野翔矢(遊学館)ドラフト候補の中学や身長体重!強肩俊足に注目!

★2018年ドラフト・西武5位!
その他指名選手はこちら→ドラフト指名選手一覧2018!

石川県・遊学館高校のドラフト候補・牧野翔矢選手。
強肩強打に加えて、足も速いキャッチャーです。
9月4日にはプロ志望届を提出し、高校卒業後のプロ入りを目指しています。

 


名前:牧野翔矢(まきの しょうや)
出身:石川県穴水町
身長:178cm
体重:77kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:キャッチャー
経歴:石川県穴水町立穴水中学校→遊学館高校

 

○野球歴
牧野選手は、小学3年生から野球を始め、その頃からキャッチャーでした。

高校は石川県の名門・遊学館高校に進学。
1年春から控えとしてベンチ入りしています。
1年夏にはキャッチャーではなく、ショートとして試合に出ていました。
本来のポジションではないショートで試合に出ているところを見ても、牧野選手の野球センスの高さがわかりますね。

1年秋の石川県大会は、1番・ショートのレギュラーとして出場。
翌2年春の石川県大会からはキャッチャーに戻り、レギュラーを務めています。
2年夏の石川県大会では、1番あるいは3番・キャッチャーとして出場し、打率.480、打点2の活躍で準優勝に貢献しました。

2年秋の石川県大会は3回戦敗退
翌年3月上旬には、右足首靱帯損傷を負っています。
それでも、怪我から復帰後の4月の練習試合には、プロ8球団のスカウトが視察に訪れました。

3年夏の石川県大会では、11打数5安打、打率.455、打点3と活躍。
しかし、チームは準々決勝で金沢商業に0対1で敗れ、高校3年間で甲子園出場はなりませんでした。

 

○プレースタイル
強肩強打のプロ注目キャッチャーです。
二塁送球タイムは1.8秒台を誇ります。
3年夏の石川県大会では、ピッチャーとして先発し、最速142km/hのストレートを武器に、3回まで無安打無失点に抑えました。

またキャッチャーながら、1番打者として出場することもある俊足の持ち主でもあります。

目標とする選手は、日本ハムの西川遥輝選手です。
「日本ハムの西川遥輝選手のように、足が速くて、野手の間を抜ければ二塁打、三塁打になって、本塁打も打てる選手になりたい」
と話しています。

 

○モリでタコ突き
牧野選手が生まれ育った穴水町(あなみずまち)は、石川県の能登半島の中央に位置する町です。
牧野選手は今でも、夏休みには海に潜り、貝を取ったり、タコをモリで突いたりして過ごしているそうです。
牧野選手の身体能力の高さは、海で鍛えられたのかもしれませんね。

 

○まとめ
遊学館の山本雅弘監督は牧野選手について「欲がない」ことが物足りないと言います。
本人も高3の4月の時点では、
「プロの高いレベルで勝負できると思ったことはない。自信はそんなに……」
と言っていましたので、プロ志望届を提出したのは少し意外でした。
プロで活躍したいという欲と自信が出てきたのでしょうかね。

とても高い身体能力を持つ牧野選手ですから、プロでも活躍が期待できると思います。
キャッチャーで、日本ハムの西川選手のような俊足巧打の選手に成長したら、他の球団にとっては脅威になること間違いなしですね!

 

■関連記事
●2018年ドラフト候補一覧→高校生大学・社会人

その他、プロ志望提出選手はこちら
プロ志望届2018(高校/大学)提出者一覧!期限や上位指名候補は?