サッカー

上田綺世(法政)読み方はあやせ!鹿島アントラーズに内定?中学も!

アジア大会で快進撃を続けている、U-21サッカー日本代表
そのU-21サッカー日本代表の中で、最も評価を挙げている選手が、FWの上田綺世選手です。
法政大学の通う現役大学生の上田選手は、ノックアウトステージ初戦のU-23マレーシア戦後半31分に途中出場すると、試合終了間際に自ら奪ったPKを沈め、1-0で勝利に貢献しました。
また、準決勝のU-23UAE戦でも、途中出場から決勝ゴールを決めています。

出場時間は短いですが、その中で確実に自分の仕事をやってのけるのはすばらしいですね。
上田選手がいれば、長年の日本代表の課題である決定力不足も解消できるはずです!

 


名前:上田 綺世(うえだ あやせ)
生年月日:1998年8月28日
出身:茨城県
身長:182cm
体重:76kg
ポジション:FW
経歴:水戸市立第四中学校→鹿島学園高等学校→法政大学

 

○始めたきっかけ
小学1年生の時、社会人チームでプレーしていた父・晃さんがハットトリックをした試合を見て、
「点を取って喜んでいる姿を見て、僕も嬉しかったし、僕も父を喜ばせるようなプレーをしたかった」
とサッカーを始めました。
サッカーを始めた動機が、父を喜ばせたかったから、というのがいいですね。

 

○中学時代
中学時代は、「鹿島アントラーズジュニアユースノルテ」でプレーしていました。
「鹿島アントラーズジュニアユースノルテ」というのは、茨城県内に3つ(鹿嶋市、日立市、つくば市)ある、「鹿島アントラーズジュニアユース」のうちの、日立市にあるチームです。

現在は身長182cmの上田選手ですが、中学に入った時で150cmくらい、中3でも160cm半ばと、体が小さかったこともあり、フィジカルが弱くアントラーズユースへの昇格は逃していました

 

○高校時代
高校は鹿島学園に進学。
下級生の頃から、エースとして試合に出場しています。

しかし、スタミナに不安があり、途中交代が多くありました。
そこで、スタミナ不足を改善するために、全体練習の終了後、毎日50分間シュート練習を行なっています。
その練習の成果で、3年生の頃には
「茨城に上田綺世あり」
と言われるほど、絶対的エースに成長しました。

ユース昇格を逃す一因になった身長も、昇格を逃した中学の終盤から伸び始め、高校入学時点で170cm台にまで伸び、さらに高校3年の頃には180cmまでに伸びています。

 

○大学時代
高校卒業後は、法政大学に進学。
1年生から活躍しています。
大学サッカー夏の全国大会である総理大臣杯でも、35年ぶりの日本一に貢献しました。

 

○プレースタイル
高さと速さを兼ね備えたストライカーです。
50mは6秒0。
ボディバランスが良く空中戦でも競り負けしません。

「守備ができても点がとれないFWは意味がない」
と言い切るほどの得点に対する高い意識をもっています。

 

○代表歴
2017年12月に行われた「M-150杯」で、初めてU-20日本代表に選出されました。
の後は、2018年3月のパラグアイ遠征、5月のトゥーロン国際大会、8月のアジア大会と、世代別日本代表の常連となっています。

○進路
現在、法政大学の2年生の上田選手ですが、早くも卒業後の進路に注目が集まっています。
中学生まで、下部組織でプレーしていた鹿島アントラーズなどの名前が挙がっていますが、まだ、決まっていません

もしかしたら特別指定選手として、大学在学中にJリーグデビューなんてこともあるかもしれませんね。

 

○まとめ
「父を喜ばせたかったからサッカーを始めた」という上田選手。
現在の活躍を見て、お父さんは喜びっぱなしでしょうね。

このまま、東京オリンピックまで活躍を続けて、お父さんと私たちを喜ばせ続けてほしいですね。