野球

廣澤優(日大三)ドラフト候補の身長体重や球速球種は?出身中学も!

日大三の身長189cm大型ピッチャー廣澤優投手
2年生夏の甲子園初登板で、いきなり自己最速の148km/hをマークし、衝撃デビューを果たしました。

廣澤投手は、身長も球速もまだまだ成長中と言います。
これから、どれほどすごいピッチャーになっていくのでしょうか。
今後の成長に目が離せない、要注目ピッチャーです!

 


名前:廣澤 優(ひろさわ ゆう)
出身:東京都世田谷区
身長:189cm
体重:78kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:世田谷区立玉堤小学校→世田谷区立尾山台中学校→日大三高校

 

廣澤投手は小学生から「大田リトル」で野球を始めました。
中学時代「世田谷西シニア」でプレー。
「世田谷西シニア」は元・西武監督の東尾修さんが名誉監督を務める強豪チームです。
廣澤投手が中学3年生の時にも、全国大会に出場しています。

 

○日大三
中学卒業後は、日大三高校に進学。
1年秋から控え投手としてベンチ入りしています。
しかし、1年秋は公式戦の登板はありません。
チームは秋の東京都大会で優勝し、翌春のセンバツに出場しましたが、廣澤投手は残念ながらベンチ外で過ごしました。

廣澤投手が主力となったのは、センバツ後の2年春の東京都大会からです。
2年春の東京都大会では、決勝を含む2試合に先発し、優勝に貢献。
続く関東大会でも3試合(先発2試合)に登板し、ベスト4に入りました。

2年夏の西東京都大会では、エースの中村奎太投手と2年生の井上広輝投手が故障に苦しむ中、3年生の河村唯人投手とともに投手陣を支え、優勝に貢献しています。
続く甲子園では、3回戦の龍谷大平安戦先発を任され、自己最速の148kmk/hをマークし、5回をヒット2本、2失点に抑えて、勝利しました。

スポンサードリンク

 

○プレースタイル
189cmの長身から最速148km/hのストレートを投げる本格派のピッチャーです。

身長は2年夏の時点で189cmですが、まだ伸びているそうです。
球速も高1秋の時点では133km/hほどでしたが、冬の強化練習で体幹、下半身のトレーニングに励むと、2年春の都大会決勝で142km/h、2年夏の都大会前の練習試合で146km/h、そして、2年夏の甲子園で148km/hと順調に伸びてきています。

来年には、190cm の長身から150km/hを投げるピッチャーが誕生しそうですね。
そうなると、ドラフトは上位でなければ獲れないことでしょう。

日大三の同学年には、150km/hを投げる井上広輝投手もいることですし、二人で切磋琢磨して成長していってほしいですね。
■井上広輝投手については詳しくはこちらを井上広輝(日大三)兄は井上大成!中学や球種は?2019ドラフト候補!

 

■関連記事
2019年ドラフト候補一覧→高校(投手野手)大学社会人(投手野手)